ウクライナ人道危機救援

◆ ウクライナ人道危機の概要 ◆

 2022年2月24日以降、ウクライナ各地で戦闘が激化。日々子どもを含む死傷者が多数報告され、多くの人びとがウクライナ西部および周辺国(ポーランド・ハンガリー・スロバキア・モルドバ・ルーマニア・ロシア・ベラルーシ)やその他の国々に避難するなど極めて深刻な人道危機が起こっています。

画像 厳しい状況に苦しむ女性を元気づけるウクライナ赤十字社ボランティア ©ウクライナ赤十字社

 未だ続く戦闘により、一般市民の命は危険にさらされ、インフラや経済は混乱。避難民を受け入れる地域でも、医療体制のひっ迫や食料安全保障の状況悪化などが報告され、紛争が中長期化すると共に人道支援のニーズは高まり続けています。

◆ 国際赤十字の動きと日赤の動き(資金援助・人的支援)◆

日付 国際赤十字の動き / 日赤の動き 関連資料
2022年2月24日 ウクライナ各地で紛争が激化
2月28日

国際赤十字・赤新月社連盟(連盟)が資金援助要請を発出(1億スイスフランで暫定アピールが発出、4月12日に5.5億スイスフランに拡大)

20220830-9fedaa2ef6231b7e0ed5954a75980c8420406731.JPG

関連報告書:EMERGENCY APPEAL_IFRC (日本語訳).pdf

20220929-15429a8b997b7e7abead8e7a4eb9424c63e604c8.JPG

関連報告書:OPERATIONAL STRATEGY_IFRC(日本語訳).pdf

2月29日 赤十字国際委員会(ICRC)が資金援助要請を発出(1.5億スイスフランで暫定アピール発出、4月30日に3億スイスフランに拡大)

20220830-03f327120cae9337e5baefdf3d09f560d084b0b0.JPG

関連報告書:BUDGET EXTENSION APPEAL_ICRC (日本語訳).pdf

3月1日 日赤は2000万円の緊急資金援助を決定(連盟・ICRCに各1000万円)
3月2日

日赤は「ウクライナ人道危機救援金」の募集を開始

3月18日

日赤は7億円の追加資金援助を決定(連盟・ICRCに各3.5億円)

関連記事:【速報6】
3月25日

大阪赤十字病院の河合謙佑係長をモルドバに派遣

(連盟の国際救援倉庫の管理責任者として活動)

20220815-8b9ef452b444e7519deb34b94b766a0ced008712.png関連記事:【速報10】
4月8日

日赤は14億円の追加資金援助を決定(連盟・ICRCに各7億円)

関連記事:【速報9】
4月25日 日赤は7億円の追加資金援助を決定(連盟とICRCに各3.5億円) 関連記事:【速報11】
4月28日

大阪赤十字病院の仲里泰太郎薬剤師をウクライナ西部ウジュホロドに派遣

(ウクライナ赤十字社が開設する仮設診療所の設営を支援するため)

20220815-a9ba00ee5d641f07ebd4e57366d2c91b7ddb90d7.jpg

関連記事:【速報13】 , 【速報17】

5月31日

日赤は9億円の追加資金援助を決定(連盟とICRCに各4.5億円)

関連記事:【速報15】
6月3日

諏訪赤十字病院の森光玲雄臨床心理課長をポーランドに派遣

(連盟の心理社会的支援事業調整要員として、ポーランド赤十字社を支援するため)

20220815-48408344127be8cd53a8beebd9d073fb7858d843.JPG関連記事:【速報21】

6月30日 日赤は10億円の追加資金援助を決定(連盟とICRCに各5億円) 関連記事:【速報19】
7月12日

ウクライナ赤十字社へ可搬型X線撮影装置を寄贈

(ウクライナの仮設診療所での医療活動の補助のため)

7月15日

日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院の大島隆嗣放射線技師をウクライナ西部ウジュホロドに派遣

(寄贈した可搬型のX線撮影装置の操作方法を現地放射線技師に指導するため)

20220815-faebc579fb8ee55a7a24be14dcbdf5261e3cad7f.jpg関連記事:【速報20】
8月5日 日赤は3億円の追加資金援助を決定(連盟とICRCに各1.5億円) 関連記事:【速報22】

◆ 国際赤十字の支援 ◆

 国際赤十字は「ヨーロッパ最大級の人道危機」とよばれる同危機に対し、緊急の「救援活動」に加え、中長期的な「復興支援」も視野に、懸命に活動を続けています。

■国際赤十字・赤新月社連盟(連盟)、各国赤十字

・救援物資の配付

・医薬品や医療物資の提供

・衛生キットの配付

・保健・医療支援

・一時避難所の設置

・心理社会的支援(こころのケア)

・応急手当の講習

・現金給付  他

20220815-1d04dc81810d4030c735932ecadf69675ebf2f2d.png

ウクライナ・ウジュホロドにてボランティアによる物資配付の様子

■赤十字国際委員会(ICRC)

・紛争犠牲者支援と民間人・被拘束者の保護

・救援物資の配付

・家屋やインフラの修繕

・心理社会的支援(こころのケア)

・安否調査、離散家族支援

・地雷・不発弾など武器汚染リスクの啓発

・紛争当事者との対話(国際人道法の順守や人道アクセスの確保など)

・尊厳をもった遺体の取り扱い 他

20220815-fdf157c795d0090d3fccbc3f93497836f9a0e801.jpg

アゾフスターリとマリウポリの避難を先導するICRCスタッフ©ICRC

活動の詳細に関しては過去の【速報】記事や「ウクライナ人道危機赤十字救援活動オンライン報告会」の動画等で確認いただけます。

【速報】 ウクライナ人道危機における赤十字の対応等について / 赤十字国際ニュース 

これまでの速報はこちら(2022年2月28日~8月5日)

ウクライナ人道危機から半年:赤十字活動の軌跡とこれから(2022年9月7日)

国際赤十字 半年の活動報告書
ウクライナ人道危機赤十字救援活動オンライン報告会

2022年8月26日(金)に「ウクライナ人道危機 半年間の赤十字活動報告」を実施いたしました。

過去に実施したオンライン報告会の様子は下記よりご覧ください。

その他SNS等の動画

【日本赤十字社】ウクライナ人道危機 ~紛争激化から5か月~ 日本赤十字社の活動

YouTubeチャンネル: JapaneseRedCrossPR

◆「ウクライナ人道危機救援金」受け付け中 ◆

 日本赤十字社では「ウクライナ人道危機救援金」を、2023年3月31日まで受け付けております。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

受付期間: 2022年3月2日(水)~2023年3月31日(金)

使途  : 国際赤十字・赤新月社連盟、赤十字国際委員会、および各国赤十字・赤新月社が実施する、ウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国とその他の国々における救援活動を支援するために使われます。