ウクライナ人道危機救援金

20220414-photo-ukuraine kyuenkin002.jpg

避難してきた人をハグするウクライナ赤十字ボランティア(C)IFRC Marko Kokic

ウクライナ各地で激化している戦闘により、多くの市民が緊張と不安の中で過ごしています。すでに子どもを含む市民の死傷者が報告され、市民生活に不可欠なインフラにも被害が出ています。また、紛争の被害を恐れ、多くの人びとが、周辺国(ポーランド、ルーマニア、スロヴァキア等)に避難しています。

この状況を受け、日本赤十字社は、赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟、各国赤十字社が実施するウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国とその他の国々における救援活動を支援するため、下記のとおり、海外救援金を募集いたします。

皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

受付金額(2022年5月6日時点)
  38億8,006万9,878円(53,386件)

 支援金額(2022年4月25日時点)
  28億円
   内訳)赤十字国際委員会     計14億円   
       国際赤十字・赤新月社連盟 計14億円

  ウクライナの現状について詳しくはこちら


 支援準備中(支援ニーズに基づいた日赤の活動内容含む)
  10億8,006万9,878円

※金融機関の入金のタイミングによる誤差はご了承ください。

受付期間

2022年3月2日(水)から 2022年9月30日(金)まで

協力方法

ご協力の方法を下記からお選びいただけます。

※受領証の分割発行はいたしかねますのでご了承ください。

1.ゆうちょ銀行・郵便局によるご協力

口座番号 00110-2-5606

口座名義 日本赤十字社

  • ※振替用紙の通信欄に「ウクライナ人道危機」とご記入ください。
  • ※窓口でのお振り込みの場合は、振込手数料が免除されます。
    (ATMによる通常振込みおよびゆうちょダイレクトをご利用の場合は、所定の振込手数料がかかります)
  • ※ゆうちょ銀行の振込用紙の半券が、受領証の代わりとして、税制上の措置が受けられます。(詳しくはこちら
  • ※受領証をご希望の場合は、振替用紙の通信欄に「受領証希望」と明記のうえ、お名前、ご住所、お電話番号を記載してください。
  • ※現在大変多くの協力をいただいていますので、受領証発行には3ヶ月程お時間を要します。ご了承ください。

2.銀行振込によるご協力

①三井住友銀行 すずらん支店 普通 2787781
②三菱UFJ銀行 やまびこ支店 普通 2105784
③みずほ銀行  クヌギ支店 普通  0623471

  • ※ 口座名義はいずれも「日本赤十字社」。
  • ※ ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合がございます。
  • ※ 銀行振込の際の利用明細票が、受領証の代わりとして、税制上の措置が受けられます。(詳しくはこちら
  • ※ 受領証をご希望の場合で、お振込みの際は下記ボタン「事前登録はこちら」から事前に登録手続きをお願いいたします。
  • ※ 事前登録後、寄付番号が発番されますので、入金の際には振込人名の前に寄付番号をご入力いただきますようお願いいたします。

事前登録はこちら
※受領証を希望されない方は登録の必要はございません。

※銀行振込にて上記の事前登録が難しい場合につきましては、
「受領証希望」の旨と下記を日本赤十字社パートナーシップ推進部あて
FAX(03-3432-5507)またはお問い合わせフォームにてご連絡をお願いいたします。

①救援金名 氏名(受領証の宛名) 住所   電話番号
寄付日  寄付額       振込人名 振込先金融機関名・支店名

3.クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easyによるご協力

お申込みはこちら

担当窓口

日本赤十字社 パートナーシップ推進部
TEL: 03-3437-7081 FAX: 03-3432-5507

個人情報について

日本赤十字社は、会費、寄付金(「海外たすけあい」を含む)、海外救援金、国内災害義援金へのご協力に際して取得する個人情報について、厳重に管理・保護を行うとともに、日本赤十字社(本社及び都道府県支部)が行う以下のような広報活動や事業資金等の募集活動の目的のためにのみ使用します。

  • 会員や寄付者の皆さまのご協力実績を記録するため。
  • 受領証やお礼状、収支決算、活動報告等の情報をお届けするため。
  • 会費、寄付金(「海外たすけあい」を含む)、海外救援金及び国内災害義援金に関するご案内及びご協力のお願いをお届けするため。
  • その他、皆さまへ重要なご連絡をする必要が生じた場合のため。