感染症検査結果のお知らせの変更

日本赤十字社では、輸血用血液製剤の安全性を確保するために、献血いただいた血液について、感染症検査を実施しています。

梅毒トレポネーマ検査、HBV検査、HCV検査、HEV検査、HTLV-1検査の結果については、異常が認められた場合、希望された方には親展郵便によりお知らせしていましたが、今までお知らせしていなかった偽陽性の結果についても、2021年(令和3年)11月26日よりお知らせすることとしました。偽陽性とは、感染症の原因となる病原体本体や病原体に対する抗体がないことが明らかである場合でも陽性と判定されることです。

この度、お知らせの対象となった皆さまは偽陽性である可能性が高いため、健康上の問題はないと考えられます。しかしながら、日本赤十字社で行っている感染症検査において偽陽性と判定される方の多くが、次回の検査でも偽陽性と判定されます。医薬品である輸血用血液製剤の安全性を確保するために、偽陽性と判定された場合についても、陽性と判定された場合と同様に輸血用血液製剤としては適合いたしません。

日本赤十字社では、複数回、偽陽性と判定された方についてもこれからの献血を控えていただくことといたしました。

対象となった皆さまには、これまで続けていただいた献血をご遠慮いただくこととなり大変申し訳ありませんが、患者様の安全を守るための対策であることを、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

日本赤十字社で行っている感染症検査

・梅毒トレポネーマ検査:TP抗体検査       

・B型肝炎ウイルス(HBV)検査:HBs抗原検査,HBc抗体検査・HBs抗体検査,HBV-DNA検査

・C型肝炎ウイルス(HCV)検査:HCV抗体検査,HCV-RNA検査

・エイズウイルス(HIV)検査:HIV抗体検査,HIV-RNA検査

・E型肝炎ウイルス(HEV)検査:HEV-RNA検査

・ヒトT細胞白血病ウイルス-1型(HTLV-1)検査:HTLV-1抗体検査

・ヒトパルボウイルスB19検査:PV-B19抗原検査