「ボランティア、ご安全に!」が完成しました

 災害時のボランティア活動において、けがや病気を防ぐためにどのような対策が考えられるでしょうか?

 災害時のボランティア活動は、「被災者への思い」に支えられたものですが、ボランティアのみなさんが安全で健康な状態で活動し、活動を自己完結させることが最も大切です。新型コロナウイルス感染症の蔓延を契機に、ボランティアが災害時に活動する際の自身の安全確保という課題があらためて浮き彫りになっています。

 この度、日本赤十字社は、国内外での災害救護活動の知見等を活かし、「ボランティア、ご安全に!」を作成しました。

 本冊子では、安全な活動のためにどのような予防策を講じるべきか、ボランティア活動前後の準備や注意点について学べます。

 是非お役立てください!

 

1 冊子版20220622-6dc1f0167c1abf46dc6c4538392dbf64b40599a8.jpg

  災害時のボランティア活動における安全管理について記載しています。

  ▶ダウンロードはこちらから 冊子版「ボランティア、ご安全に!」.pdf

 

 

 

 

2 概要版20220624-76b4842f9e0751474aff3e314c9afc3eff9f3e34.jpg

  被災地で活動する際に持参できるよう、上記冊子の概要をまとめています。

  ダウンロードはこちらから 概要版「ボランティア、ご安全に!」.pdf