医療救護

医療救護の写真

日本赤十字社は、災害時に備えて、赤十字病院の医師、看護師などを中心に編成される救護班を全国で約500班(約4,500人)編成しています。

災害発生時、ただちに救護班(1班あたりの編成基準は、医師・看護師等6人)やdERU(国内型緊急対応ユニット)を派遣し、救護所の設置、被災現場や避難所での診療、こころのケア活動などを行います。

また、DMAT(災害派遣医療チーム)の活動も実施しています。