「はたちの献血」キャンペーンが1月1日よりスタートします!

はたちの献血イメージ画像

「はたちの献血」キャンペーン(主催:厚生労働省・都道府県・日本赤十字社)を、令和5年も1月1日から2月28日までの2ヵ月にわたり全国で展開します。

本キャンペーンは、献血者が減少しがちな冬期において安全な血液製剤の安定供給を確保するため、「はたち」の若者を中心として、広く国民各層に献血に関する理解と協力を呼びかけるものです。

キャンペーンキャラクターは、女優の髙橋ひかるさんと、国民的ヒーローのウルトラマンです。

CMコンセプトは『献血は生きる力のシェア』。CMでは、ケーキをシェアしたり、SNSで写真をシェアしたり、イヤホンで音楽をシェアするなど、日常にあふれる様々な"シェア"をする、髙橋ひかるさん。すると、髙橋さんがシェアするたびに聞き覚えのある、あの「シェア!」の声が響きます。最後に髙橋さんが献血に行くのを優しく見守るウルトラマンが登場。国民的ヒーローのウルトラマンの"シェア!"という掛け声とともに、はたち世代を代表する髙橋さんが「献血は、生きる力をシェアできる。」と、献血の大切さを力強く前向きに伝えています。

詳しくは、令和5年「はたちの献血」キャンペーンサイトをご覧ください。