講習会について

日本赤十字社は、「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守る」という使命に基づき、各種講習を行っています。

講習会一覧

  • 救急法

    日常生活における事故防止や手当ての基本、胸骨圧迫や人工呼吸の方法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などの知識と技術を習得できます。

  • 水上安全法

    水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。

  • 健康生活支援講習

    誰もが迎える高齢期を、健やかに生きるために必要な健康増進の知識や高齢者の支援・自立に向け役立つ介護などの知識と技術を習得できます。

  • 幼児安全法

    子どもを大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術を習得できます。

  • にこにこ赤十字健康教室

    高齢者を対象に、健康に関するプログラム、紙芝居や赤十字クイズなどを取り入れた気軽に楽しめる健康教室です。

  • 防災啓発プログラム

    いつどこで起こるかわからない災害。そのときの被害を最小限に食い止めるには、一人ひとりの備えが必要です。いざという時のために、家庭をはじめ地域において防災意識向上と防災知識の普及を図りましょう。

  • 新型コロナウイルス感染症に伴い、現在実施をしていない講習もあります。

救急法等の資格の継続について

救急員等資格継続研修は、平成31年3月31日をもちまして廃止となりました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

赤十字活動資金は、講習資材の整備や指導員の育成にも活用しています。