青少年赤十字について

児童・生徒が赤十字の精神に基づき、いのちと健康を大切に、
地域社会や世界のために奉仕し、世界の人びととの友好親善の精神を
育成することを目的として、さまざまな活動を学校教育の中で展開しています。

青少年赤十字とは

実践目標

青少年赤十字では、先に述べた目的を達成するために、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」の3つの実践目標を掲げています。

健康・安全
いのちと健康を大切にする
人間の生命はもっとも大事なものです。その生命を守るために、自分の命と健康を大切にするとともに、みんなの健康を守り、人間尊重の精神を養うことを目指します。
奉仕
人間として社会のため、人のためにつくす責任を自覚し、実行する
私たちはたった一人で生きているのではなく、社会の一員として生きています。自分が今、他者のために何が出来るかを考え、できることから実行していきます。
国際理解・親善
広く世界の青少年を知り、なかよくたすけあう精神を養う
私たちは、いつも世界の国々とのつながりの中で生活しています。外国の人々やその国のことについて正しく理解し、交流を深めることは大変重要なことです。それは自分自身を知ることにもつながります。このような積み重ねが、世界の平和の実現を目指していくことにつながります。

態度目標

主体性を育むために「気づき」「考え」「実行する」という態度目標を掲げています。

青少年赤十字の特徴

  • 学校や幼稚園・保育所に組織されています。
  • 何を実践するかは学校や園の自由裁量です。
  • 青少年赤十字は世界的な組織です。
  • 国内にも多くの仲間がいます。
  • 青少年赤十字は政治的、宗教的および思想的なことには中立・公平です。

主な活動内容

  • リーダーシップ・トレーニング・センター

     青少年赤十字の最も特徴ある教育プログラムの一つであり、宿泊を伴う学習活動の場です。
     奉仕を基盤とした集団生活を行うことで、主体的に行動することのできる青少年を育成し、グループのメンバー全員が自ら進んで役割を持ち、その場の状況に応じてリーダーまたは協力者の立場をとることができるよう、仲間たちと「人道的な価値観」や「リーダーシップ」について学びます。

  • 国際交流事業

     国内外の青少年赤十字メンバーが交流を通じて、他国の文化や歴史を知り、自国との違いを受け入れ、相互理解を深めることを目的としています。
     また、青少年赤十字の実践目標の一つである「国際理解・親善」の具体的な実践機会となっており、将来のにわたり、国内外で赤十字運動を推進する人材の育成を狙いとしています。

  • 防災教育プログラム

     青少年赤十字の特徴的な手法である「気づき、考え、実行する」という態度目標を用いた日本赤十字社の防災教育は、「人道」の取り組みです。
     この防災教育は、子どもたちが主体的に取り組み、知識と行動力を身につけることができるだけでなく、他者への思いやりや優しさ、いのちの大切さを学び取る力を育むことができます。
     また、防災教育を通じて、青少年の健康と安全を守り、学校や地域、家族での防災意識の向上を目指します。

  • 指導者研修会

     指導者研修会は、学校や園の先生を対象として毎年実施しています。
     本研修会では、赤十字の精神と活動について基礎的な理解を得るとともに、青少年赤十字の様々な教育手法や学習資料の活用法、子ども達の自主・自律の精神を育成する方法を学び、学校教育・学級経営並びに幼児教育現場にて生かすことを目的としています。

 青少年赤十字への加盟は、学校が教育活動の一つとして青少年赤十字を取り入れるということになるため、学校長の承認が必要となります。
学校単位での加盟のほかに、学年、学級、委員会やクラブ単位での加盟もできます。
 詳しくは「加盟方法」からご確認ください。

加盟方法について

加盟のメリット

  • 子どもたちのリーダーシップ力を育てます。
  • 国際的な交流やボランティア、献血セミナーなど赤十字ならではのイベントに参加できます。
  • 学校、校種の枠を超えた交流・活動ができます。
  • 青少年赤十字の手法が各学校の教育計画に活用できます。
  • 青少年赤十字や赤十字に関する各種プログラム・資料・資材等をご提供(貸出)できます。
  • 講師を派遣します。(特別活動や各教科、道徳の時間など幅広く活用できます。)

青少年赤十字の活躍に寄せて

20210610-97805cde1cf6a0b2df86ee1d104405437b2dc3d4.jpg 広島県教育委員会教育長 平川 理恵

 新型コロナウイルス感染症に関わり,最前線で治療に携わっている医療従事者の皆様をはじめ,社会活動を支えている皆様に心から敬意と感謝の意を表します。  
 日本赤十字社におかれましても,全国の赤十字病院を中心に,新型コロナウイルス感染症の治療や感染拡大防止のための活動等に取り組まれていますことに感謝申し上げます。

 さて,第一次大戦中,アメリカやカナダなどの子供たちが,赤十字社を通じてヨーロッパの戦場となっている地域の子供たちへ文具や手紙を送ったことがきっかけで発足した青少年赤十字は,令和4年(2022年)に創立100周年を迎えられます。これまで長年にわたり,児童生徒が赤十字の精神に基づき,世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう,日常生活での実践活動を通じて,いのちと健康を大切に,地域社会や世界のために奉仕し,世界の人々との友好親善の精神を育成することを目的として様々な活動を展開されています。そして,誰の心の中にもある「やさしさ」や「思いやり」の心を引き出し,主体的に行動できる児童生徒の育成に御尽力いただいてきました。

 県教育委員会におきましても,「広島で学んで良かったと思える 広島で学んでみたいと思われる 日本一の教育県の実現」を目指し,「広島版『学びの変革』アクション・プラン」に基づき,学んだ知識を活用して,他の人と協働して課題を解決する力を育むことを重視した「主体的な学び」を促す教育活動の充実に取り組んでいます。青少年赤十字加盟校の児童生徒は,ボランティア活動や国際交流などに取り組む中で,課題に「気付き」,課題解決の道筋を主体的に「考え」,仲間と協力して一歩ずつ「実行する」ことを学んでおり,このことは広島県が推進している「主体的な学び」と軌を一にするものです。これからも,「気付き,考え,実行する」力を自分たちの生活の中でも生かしながら,周りの人たちと共に生きることができる青少年の育成に取り組んでいただきたいと思います。

 創立100周年を迎える青少年赤十字の更なる発展と加盟校の広がりに向け,皆様の御支援,御協力を賜りますようお願い申し上げます。

『100周年を迎える青少年赤十字活動に寄せる期待』

20210610-ae719fd43b919e6e976a3054cf1d3f99c0105e8b.png  青少年赤十字広島県指導者協議会長
広島市立三和中学校長
三宅 徹

 新型コロナウイルス感染症感染拡大により、子供たちは社会生活や園・学校での生活で日常的に多くの制約を受け、思い切り楽しく学ぶ機会を次々と奪われています。保護者・地域の皆様も、園・学校の先生方も、やるせない気持ちを抱いておられることと思います。しかし、一年以上続くコロナ対策を振り返ってみると、この状況に慣れて来た人々の中に、危機感や緊張感が薄れてしまっていた面もあったのではないかと危惧します。

 今春、3月11日は、私たちの記憶に強烈に刻まれている東日本大震災からちょうど10年の節目でした。私は、震災に関するある報道に触れ、衝撃を受けました。津波などによる悪夢のような現実に、被災地の方々の心が折れそうになった時、日本中、世界中の人々が力を合わせ、被災地の苦しみや願いに寄り添いながら、励ましや支援の輪を広げ、この10年、心を密にして復興へ力強く歩んで来ました。ところが、被災地のある方が、「小学生以下の子供たちは、震災を実際に体験し、記憶に刷り込まれることがなかったので、我々が震災から学んだことが風化し始めそうで心配です。」と危惧しておられました。私は、数々の苦難に直面し、乗り越え続けておられる被災地ですら、そのような状況なのかと衝撃を受けたのです。

 コロナも震災も、広島県が何度も経験している土砂災害も、そして残念なことに、今も世界のどこかで起こっている戦争や、学校で起こるいじめ問題も、起こってほしくない、起こしてはいけないことです。でも、起こりそうだと気づいた時、起こすまいと考えた時、起こってしまった時、過去から学び、人々がどのような行動をとるかが非常に重要です。
 青少年赤十字が掲げる「人道」の精神が、多くの子供たちに根付いていけば、重大事態であろうが些細な問題であろうが、「気づき、考え、実行できる」子供たちが活躍してくれる社会が形成されていくと期待できます。現在、グローバルに唱えられているSDGs(持続可能な開発目標)も、子供たちを含めて一人一人が「気づき、考え、実行する」ことで達成されると考えられます。そういった意味でも、百年もの実績を積み上げて来た青少年赤十字活動は大変意義深く、社会的使命に応え得る活動であると言えます。それを信念に各現場で子供たちを育み、「人道」の裾野を広げていきましょう。