献血後のお願い

献血後の過ごし方

献血後は、水分を補給して休憩(少なくとも10分以上)をおとりください。

電車でお帰りの際、転落防止のため駅のホームでは線路の近くで電車を待たないでください。
気分不良、失神などはじっと立っている時に発生しやすいといわれています。

献血当日の過ごし方

乗り物を運転される場合は、その前に十分な休憩(30分以上)をおとりください。

ジュース(スポーツドリンク)、お茶などで十分に水分を補給してください。

  • トイレ:採血直後の排尿は座位で行ってください
  • エレベーター、階段:使用する際は特に注意してください
  • 入浴:2時間以内の入浴と当日のサウナは避けてください
  • 飲酒、喫煙:献血直後は避けてください
  • スポーツ:水泳、マラソンなど激しいスポーツは避けてください
  • 重労働:採血側の腕には強い力がかからないようにお願いします

気分が悪くなったら

献血後の失神・転倒にご注意ください!

献血にご協力いただいた方々へ

検査成績のお知らせ

検査成績

血液センターでは、献血にご協力いただいた方々への感謝の気持ちとして、7項目の生化学検査成績及び8項目の血球計数検査成績をお知らせしています。これらの検査成績はいずれも通知を希望された方を対象とし、献血後2週間程度で親展(書簡の郵便)にてお知らせします。

生化学検査及び血球計数検査欄に記した基準値は、献血を希望された方々の検査結果から算定したもので、正常または異常を表すものではありません(グリコアルブミンを除く)。また、献血受付時に、B型肝炎検査、C型肝炎検査、梅毒検査、HTLV-1抗体検査の結果通知を希望された方には、異常を認めた場合、献血後1カ月以内に上記の通知とは別に親展(書簡の郵便)にてご通知します。