表彰制度について

赤十字活動資金に多額のご協力をいただいた場合は、次のとおり表彰制度を設けております。

日本赤十字社の表彰

銀色有功章

画像:賞状

一時または累計額が、
20万円以上50万円未満の活動資金へのご協力をいただいた場合、
ご希望に応じ、個人・法人に贈呈いたします。

金色有功章

画像:メダル

個人

画像:賞状

法人・団体

一時または累計額が、
50万円以上の活動資金へのご協力をいただいた場合、
ご希望に応じ、個人・法人に贈呈いたします。

社長感謝状

画像:賞状

金色有功章受章後、
一時または累計額が50万円以上の活動資金へのご協力をいただいた場合、
ご希望に応じ、個人・法人に贈呈いたします。

※個人の銀色有功章及び法人の銀色並びに金色有功章は「楯式」、個人の金色有功章は「勲章式」となります。
※累計額の対象となるご寄付は、1回の納入額が10万円以上、累計できる期間は10年以内となりますのでご留意ください。

国の表彰

厚生労働大臣感謝状

画像:賞状

同一年度内(4月~翌年3月の間)に一時または累計額が、
個人は100万円以上500万円未満、
法人等は300万円以上1,000万円未満、
の活動資金へのご協力をいただいた場合、ご希望に応じ、国に対し授与申請をいたします。

紺綬褒章(状)

画像:賞状

画像:メダル

個人のみ

一時(または分納の申し出により3年以内)に、
個人は500万円以上、
法人等は1,000万円以上、
の活動資金へのご協力をいただいた場合、ご希望に応じ、国に対し授与申請をいたします。

※分納の場合は、初回寄付の前に、予め分納のご意志をお伝えいただく必要があります。
※内閣府賞勲局通知により、分納の初回寄付が平成29年4月1日以降である場合に限り、3年以内という分納期限の制限なく授与申請を行えるようになりました。

※同一寄付で、厚生労働大臣感謝状と紺綬褒章(状)を同時に申請することはできません。