献血いただく前に

  • お名前、生年月日、住所、電話番号等は正確にお書きください。
  • ご本人の確認のため、運転免許証などの提示をお願いします。
  • 問診項目には正確にお答えください。プライバシーは厳守いたします。
  • 献血いただく方の健康を守るために、事前に血圧や血液の濃さ(血液比重またはヘモグロビン量)を測定します。
  • 献血後に高所作業や激しいスポーツ、自動車の運転等などをされる方は献血前にお知らせください
    (特に乗り物の運転をされる方は、献血後に十分な休憩(30分以上)を取っていただきます)。
  • 献血後の副作用(気分が悪くなるなど)の予防のため、献血前に水分(スポーツドリンクなど)を補給してください。

献血時は

  • 200mL・400mL献血では10分から15分程度、成分献血では40分から90分程度の採血時間がかかります。
  • 採血針や採血バッグなどは、お一人ずつ使い捨てとなっています。
  • 針を刺したときの痛みがいつまでも続いたり、強い痛みがある場合は、すぐに看護師や医師らにお知らせください。
  • 万一、採血中や採血後に気分不良やめまい、皮下出血などが起こった場合は、我慢をせず、すぐに看護師や医師らにお知らせください。
    • 献血後の副作用発生率は気分不良、吐き気、めまい、失神などが0.9%、失神に伴う転倒が0.008%、皮下出血が約0.2%、神経損傷(しびれ、運動障害など)が約0.01%です(平成22年度)。
    • 採血針を刺した箇所に針跡が残ることがあります。
  • 献血時の、LEG CROSS(レッグクロス)運動 (下肢筋緊張運動)にご協力ください。

LEG CROSS(レッグクロス)運動(下肢筋緊張運動)とは(PDF:314KB)

献血後は

  • 採血終了後も、十分に水分(スポーツドリンクなど)を補給し、少なくとも10分以上は休憩してください。

献血いただいた血液は

  • 次の検査を実施し、すべてが輸血に適すると判断された場合のみ輸血に使用します。
    • 血液型(ABO型、Rh型)、不規則抗体、梅毒、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルス(HIV)、ヒトT細胞白血病ウイルス-1型(HTLV-1)、ヒトパルボウイルスB19、ALT(肝機能)等
  • 必要により、赤血球、白血球型(HLA型)、血小板型、血漿蛋白の遺伝子検査の検査を実施することがあります。
    なお、その他の遺伝子検査が必要な場合はあらかじめご本人の承諾を得て行います。
  • 献血いただいた血液の一部は、輸血副作用・感染症などの調査のために少なくとも11年間冷凍保管しています。
  • ごくまれに献血いただいた血液が採血装置などの不具合・不良により輸血に使用できなくなることがあります。
  • 献血いただいた血液は、血液製剤の有効性・安全性の向上と検査法の向上のための研究や、安全な輸血のための検査試薬の製造など、輸血用以外の目的に有効活用させていただくことがあります。

ご協力ください

  • 輸血を受けた患者さんについて、感染症などの報告があった場合、輸血医療の安全性向上と献血された方ご自身の健康管理のため、検査用血液の採血を再度お願いする場合があります。
  • 献血された方に「輸血を受けられる患者さんのために」という印刷物をお渡しします。
    これをよくお読みになって、思い当たる項目がある場合は、必ず献血当日中に血液センターへお電話ください。