幼児安全法

子どもを大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術を習得できます。

支援員養成講習

子どもを社会全体で大切に育てるために、乳幼児に起こりやすい事故の予防とけがの手当、一次救命処置、看病の方法などの知識と技術を習得できます。 指導員の派遣も行っております。

受講資格 満15歳以上の方 ※感染状況によっては群馬県内に在住または、通勤・通学をされている方に限定させていただく場合がございます。
講習時間 16時間 ※休憩・検定時間を含む
講習内容

子どもを社会全体で育てるための知識・技術  ○子どもの成長発達と事故予防  ○子どもの応急手当 ※手当の実際として、止血、包帯、固定の方法を学ぶ(実技)  ○乳幼児の一次救命処置(実技)  ○子どもの病気と看病のしかた  ○地域の子育て支援

交付される証 全課程修了者に受講証
検定合格者に赤十字幼児安全法支援員認定証
持参品 筆記用具、大判ハンカチ1枚、スカーフ(四角形のもの)または風呂敷1枚、ストッキング1足、昼食、受講費、その他必要と思われるもの
服装 運動ができるような動きやすい服装(スカート不可、靴下着用、髪の長い方はゴム等でまとめてください。)
受講費 1,900円(教材費、保険料等の実費)
※当日、受付時に現金でお持ちください。お釣りの無いようご用意ください。
注意事項 ・急遽、参加ができなくなった場合には、必ず連絡をお願いいします。
・動画や写真の撮影はご遠慮願います。
・災害や感染症の流行等により、中止または変更になる場合がありますので、予めご了承ください。
その他 ・支援員養成講習を受講される方には保険に加入していただいております。
 ※保険料は受講費に含まれています。
・講習当日の緊急連絡先 ℡:090-3092-7491

短期講習

各種団体様のご希望に合わせた内容・時間で指導員を派遣します。

下記の内容よりお選びください。組み合わせも可能です。

申請方法等、詳しくは 『講習会を依頼したい』 よりご確認ください。

乳幼児の一次救命処置

乳児と幼児(小学校入学前まで)の心肺蘇生とAEDの使い方、窒息時の手当について、訓練人形を使用した実技の講習です。

事故予防と応急手当

子どもの成長発達と事故予防、
子どもに起こりやすい事故とけがの応急手当について学びます。

子どもの病気と看病のしかた

子どもに起こりやすい症状(発熱、けいれん、咳、嘔吐、下痢、食物アレルギーなど)の手当について学びます。

けがの手当(身近にあるものを使って)

ハンカチやスカーフ(風呂敷)、ストッキングなど使用して、けが(きず・骨折)の手当を練習します。

災害時の乳幼児支援

○災害時に乳幼児とその保護者が受ける心身の影響について
○乳幼児のその保護者が避難所生活を送るときの留意点や生活支援活動の技術について
○地域の方々によるボランティア活動の留意点等を学ぶ講習です。

お問い合わせ・申込先

日赤群馬県支部 講習係
TEL:027-254-3636 FAX:027-254-3637
MAIL:koshukakari@gunma.jrc.or.jp
平日 9:00~17:30