インドネシア・ロンボク島地震被害 救援金受付を開始 ~三度続いた大地震に苦しむ被災者を救うため、温かい支援をお願いします~

負傷した被災者とインドネシア赤十字.jpg

負傷した被災者を救護するインドネシア赤十字社職員

美しいビーチリゾートとして知られるインドネシア西ヌサ・トゥンガラ州にあるロンボク島では、729日にマグニチュード6.485日はマグチュード7.0819日にはマグニチュード6.9と、短期間に3回連続で大きな地震が発生しました。

国際赤十字・赤新月連盟(以下、IFRC)によると、被災者50,959人、避難を余儀なくされた人々は417,529人にのぼり、損害を受けた家屋は155,941棟、全壊した家屋は32,016棟と報告されています。(815日現在)

この緊急事態に対し、日赤は810日付で国際赤十字・赤新月社連盟を通じて1,000万円の緊急資金拠出を決定しました。インドネシア政府は今回の地震救援のための国際支援を要請していませんが、被害が大きいため、国際赤十字は被災者救援のため、各国の赤十字を通じて支援を呼びかけています。

3回目の同地での地震発生を受け、長期化の予想される被災者救済のため、本日822日より、下記のとおり救援金の受け付けを開始します。ご寄付いただいた救援金は、現地赤十字社のスタッフやボランティアによる負傷者の救助活動、被災者への食料や水などの救援物資の配布、こころのケアなどの緊急支援と、家屋修理資材など住宅再建の支援に充てられます。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。


■救援金受付名:「2018年インドネシア・ロンボク島地震救援金」

1. 受付期間 
 平成30822日(水)から平成301130日(金)

2. 協力方法
(1)ゆうちょ銀行・郵便局
  口座番号 00110-2-5606
  加入者名 日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)
  ※ 通信欄に「インドネシア・ロンボク島地震」と明記してください。
   また、受領証を希望される方は、併せて「受領証希望」と明記してください。

(2)銀行振込
  三井住友銀行 すずらん支店 普通 2787762
  三菱UFJ銀行 やまびこ支店 普通 2105768
  みずほ銀行 クヌギ支店 普通 0623420
  ※ 口座名義はいずれも「日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)」
  ※ ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合がございます。
  ※ 受領証が必要な場合は、日本赤十字社まで下記事項をご連絡ください。
   ①ご協力された救援金名 ②お名前(受領証の宛名) ③ご住所 ④電話番号 
   ⑤ご寄付された日 ⑥寄付額 ⑦お振り込み名 ⑧お振り込み金融機関名・支店名

(3)クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easyによるご協力

詳細はhttp://www.jrc.or.jp/contribute/help/2018/をご確認ください。