ページ内を移動するためのリンクです。



ホームページ > 医薬品情報TOP > 輸血情報

輸血情報

2014/09

NEW! 1408-138 輸血用血液製剤の取り扱いについて [PDF:820KB]

2014/05

診療報酬特別号1404 輸血用血液製剤の診療報酬及び血液製剤の薬価・ 医薬品コード・レセプト電算コード等について-平成26年4月現在- [PDF:1071KB]

2013/11

1310-137 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用 ―2012年― [PDF:954KB]

2013/11

1310-136 輸血用血液製剤との関連性が高いと考えられた感染症症例 ―2012年― [PDF:889KB]

2013/11

1304-135 輸血関連急性肺障害にご注意ください〈修正版〉 [PDF:1152KB]

2012/09

1209-134 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2011年- [PDF:596KB]

2012/09

1209-133 輸血用血液製剤との関連性が高いと考えられた感染症症例-2011年- [PDF:581KB]

2012/05

1205-132 輸血用血液製剤の取り扱いについて [PDF:1574KB]

2012/04

診療報酬特別号1204 輸血用血液製剤の診療報酬及び血液製剤の薬価・医薬品コード・レセプト電算コード等について-平成24年4月現在 [PDF:4359KB]

2012/03

1203-131 医療事故、輸血用血液の取扱いに関する報告の概要 [PDF:1253KB]

2011/08

1108-130 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2010年- [PDF:1291KB]

2011/08

1108-129 輸血用血液製剤との関連性が高いと考えられた感染症症例 -2010年- [PDF:1277KB]

2011/07

1107-128 輸血副作用とHLA抗体の調査結果について [PDF:1077KB]

2011/01

1101-127 赤十字血液センターに報告された血漿分画製剤の投与による副作用【2000年~2009年】 [PDF:1224KB]

2010/10

1010-126 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2009年- [PDF:581KB]

2010/10

1010-125 輸血用血液製剤との関連性が高いと考えられた感染症症例-2009年- [PDF:574KB]

2010/08

1008-124 B型肝炎ウイルスの再活性化にご注意ください [PDF:664KB]

2010/06

1006-123 輸血用血液製剤の取り扱いについて [PDF:754KB]

2009/10

0910-122 患者取り違えに関連した医療事故の概要:輸血関連 [PDF:769KB]

2009/08

0908-121 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2008年- [PDF:574KB]

2009/08

0908-120 輸血用血液製剤との関連性が高いと考えられた感染症症例-2008年- [PDF:572KB]

2009/03

0903-119 輸血による細菌感染疑い症例の解析結果について [PDF:311KB]

2009/03

0903-118 血小板製剤への初流血除去導入の効果について [PDF:1087KB]

2009/02

0902-117 新鮮凍結血漿(FFP)の融解方法について [PDF:379KB]

2008/11

0811-116 血液製剤の安全性の向上について [PDF:831KB]

2008/07

0807-114 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2007年- [PDF:808KB]

2008/07

0807-113 輸血用血液製剤との関連性が高いと考えられた感染症症例-2007年- [PDF:925KB]

2008/04

0804-112 医療機関での輸血後感染症に関する全数調査について [PDF:299KB]

2008/02

0802-111 血小板製剤の外観検査について [PDF:1203KB]

2007/07

0707-109 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2006年- [PDF:794KB]

2007/07

0707-108 輸血用血液製剤との関連性が高いと考えられた感染症症例-2006年- [PDF:895KB]

2007/06

0706-107 輸血用血液製剤投与早見表(保存前白血球除去製剤版) [PDF:719KB]

2007/06

0706-106 血液製剤の使用指針(改定版) -新鮮凍結血漿-(保存前白血球除去製剤版) [PDF:999KB]

2007/04

0704-105 輸血用血液製剤の採血時における初流血除去について [PDF:726KB]

2006/10

0610-103 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2005年- [PDF:789KB]

2006/10

0610-102 献血血液の保管検体等にウイルス核酸が検出された症例-2005年- [PDF:945KB]

2006/09

0609-101 血小板製剤で細菌感染が疑われた症例 [PDF:1076KB]

2006/03

0603-97 輸血用血液製剤の安全性確保対策について -進捗状況- [PDF:665KB]

2006/01

0601-96 血液製剤の使用指針 (改定版) -新生児・小児に対する輸血療法- [PDF:419KB]

2006/01

0601-95 血液製剤の使用指針(改定版)-アルブミン製剤- [PDF:417KB]

2005/11

0511-93 血液製剤の使用指針(改定版)-血小板濃厚液- [PDF:24KB]

2005/11

0511-92 血液製剤の使用指針(改定版)-赤血球濃厚液- [PDF:34KB]

2005/09

0509-91 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2004年- [PDF:741KB]

2005/09

0509-90 献血血液の保管検体等にウイルス核酸が検出された症例-2004年- [PDF:968KB]

2005/06

0506-89 遡及調査および感染症報告の解析を基礎とした輸血後感染症(HBV、HCV、HIV)の感染リスクについて [PDF:131KB]

2005/04

0504-88 輸血によるE型肝炎ウイルス(HEV)感染症例 [PDF:114KB]

2005/01

0501-87 「輸血療法の実施に関する指針」の一部改正について [PDF:24KB]

2005/01

0501-86 血小板製剤の保存前白血球除去について [PDF:28KB]

2004/09

0409-85 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2003年- [PDF:38KB]

2004/09

0409-84 輸血血液の保管検体などにウイルス核酸が検出された症例-2003年- [PDF:48KB]

2004/04

0404-83 新鮮凍結血漿の貯留保管について [PDF:56KB]

2004/03

0403-82 症状が改善・回復した輸血関連急性肺障害が疑われる症例 [PDF:39KB]

2004/03

0403-81 赤十字血液センターに報告された輸血関連急性肺障害が疑われる症例-1997~2002年- [PDF:66KB]

2003/10

0310-78 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2002年- [PDF:40KB]

2003/10

0310-77 輸血血液の保管検体等にウイルス核酸が検出された症例-2002年- [PDF:51KB]

2003/07

0307-76 特定生物由来製品としての血液製剤の使用について [PDF:43KB]

2003/06

0306-75 SARS及びWNV感染症と血液製剤の安全性確保について [PDF:136KB]

2002/07

0207-74 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2001年- [PDF:38KB]

2002/06

0206-73 輸血血液の保管検体等にウイルス核酸が検出された症例 -2001年- [PDF:41KB]

2002/03

0203-70 輸血による細菌感染について [PDF:30KB]

2002/03

0203-69 照射赤血球M・A・P「日赤」からの細菌検出例について [PDF:44KB]

2002/01

0201-68 輸血関連急性肺障害にご注意ください [PDF:31KB]

2001/09

0109-67 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-2000年- [PDF:36KB]

2001/07

0107-66 輸血血液の保管検体にウイルス核酸が検出された症例 -2000年- [PDF:39KB]

2001/07

0107-65 輸血血液の保管検体にウイルス核酸が検出された症例 -1999年- [PDF:39KB]

2001/05

0105-64 輸血過誤防止のための輸血実施手順書 -日本輸血学会作成- [PDF:50KB]

2001/02

0102-63 赤十字アルブミンの色調について [PDF:72KB]

2000/10

0010-62 輸血用血液のウイルス核酸増幅検査体制を強化しました [PDF:67KB]

2000/08

0008-61 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用─1999年─ [PDF:27KB]

2000/02

0002-58 赤十字アルブミンの製造工程におけるウイルス不活化・除去率について [PDF:461KB]

1999/12

9912-57 輸血後GVHDの予防には放射線照射輸血用血液の使用を徹底してください [PDF:26KB]

1999/09

9909-52 輸血血液の保管検体にウイルス核酸が検出された症例 -1998年- [PDF:37KB]

1999/09

9909-51 クロスエイトM 製造工程におけるウイルス不活化・除去率について [PDF:26KB]

1999/08

9908-50 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-1998年- [PDF:30KB]

1999/06

9906-49 献血後情報への対応について [PDF:33KB]

1999/03

9903-47 輸血後GVHD予防のために、放射線照射輸血用血液をご使用ください [PDF:33KB]

1998/07

9807-46 輸血血液の保管検体等にウイルス核酸が検出された肝炎症例 [PDF:432KB]

1998/05

9805-45 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-1997年- [PDF:406KB]

1997/12

9712-42 赤十字血液センターに報告された輸血後GVHD-1997年1~10月- [PDF:381KB]

1997/11

9711-41 血液製剤の安全性向上のために-副作用・感染症情報の収集強化- [PDF:602KB]

1997/08

9708-40 放射線照射の血液の上清カリウム値について [PDF:430KB]

1997/06

9706-38 赤十字血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-1996年- [PDF:286KB]

1997/05

9705-37 副作用報告からみた輸血副作用の発生頻度 [PDF:331KB]

1997/01

9701-33 赤十字血液センターに報告された輸血後GVHD - 1993~1996年 - 〔667KB〕

1996/12

9612-32 溶血による輸血事故防止のために [PDF:268KB]

1996/11

9611-31 クロスエイトMでヒトパルボウイルスB19感染の可能性 [PDF:523KB]

1996/10

9610-30 輸血の実際-手順とポイント- [PDF:352KB]

1996/09

9609-29 輸血用血液製剤と薬剤の混注は避けてください [PDF:875KB]

1996/08

9608-28 赤血球M・A・P「日赤」(RC-M・A・P)の細菌汚染例について [PDF:44KB]

1996/07

9607-27 赤血球製剤及び全血製剤の細菌感染によるエンドトキシン・ショックについて [PDF:792KB]

1996/06

9606-26 赤血球M・A・P「日赤」の使用方法 [PDF:309KB]

1996/06

9606-25 赤血球血液センターに報告された非溶血性輸血副作用-1995年- [PDR:488KB]

1996/05

9605-23 赤十字血液センターに報告された輸血後GVHDについて [PDR:636KB]

1996/04

9604-22 クロスエイトM溶解時の異物混入を防ぐには [PDR:552KB]

1996/02

9602-18 輸血用血液の過熱と事故 [PDR:740KB]

1995/12

9512-17 赤十字アルブミンと各種輸液との配合変化について [PDR:281KB]

1995/12

9512-16 赤十字血液センターに報告された輸血副作用について-非溶血性副作用- [PDR:800KB]

1995/07

9507-15 輸血によるマラリアの感染について [PDR:763KB]

1995/04

9504-14 赤血球M・A・P「日赤」の品質について [PDR:662KB]

1994/10

9410-11 輸血用血液製剤に行っているウイルス関連検査について [PDR:719KB]

1994/02

9402-9 赤血球製剤(RC-M・A・P)の細菌汚染による輸血事故を防止するために [PDR:301KB]

1993/07

9307-5 血液の有効利用について(T&S,MSBOS) [PRD:881KB]

1993/04

4 PCの適正な保存方法について [PDR:628KB]

このページの先頭へ