輸血とは?

輸血は、血液成分を体内に入れる臓器移植の一つであり、一定のリスクを伴うことから輸血療法の性質や考え方を理解した上で危険性と効果を勘案し、安全かつ適正な輸血を行う必要があります。

輸血療法の目的

血液中の赤血球などの細胞成分や凝固因子などの蛋白質成分が減少した時や機能が低下した時に、その成分を補充し臨床症状の改善を図ることにあります。

ページトップへ戻る

輸血療法の原則

輸血療法は現代医療にとっては不可欠であり、その範囲も単なる血液成分の欠乏もしくは機能異常のための補充療法から、自己もしくは同種の細胞を使った積極的な輸血療法にまで至っています。輸血療法の原則は以下のように考えられています。

  1. 補充療法であり、根本的治療ではないこと。
  2. ヒト血液すなわち同種の細胞を入れることは臓器移植に他ならない医療行為であること。
  3. 必要な血液成分のみを使用することが原則であること。(成分輸血)
  4. 実際の治療にあたっては治療目標(臨床症状・検査値)を設定し、補充量と補充間隔を決め、さらに臨床症状・検査値から有効性を評価すること。
  5. 輸血を安全に行うためには実施管理体制の整備、輸血実施手順書を遵守すること。

(日本輸血・細胞治療学会「新版 日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定カリキュラム」より)

ページトップへ戻る

輸血の分類

輸血には、「同種血輸血」と「自己血輸血」があります。

同種血輸血 献血者から採血した血液から作られた血液製剤を使用します。
近年、格段の安全対策の推進により減少しているとはいえ、原材料に由来するウイルス等の感染や同種免疫による副作用のリスクがあることから、その使用には特段の注意を払う必要があることを十分に認識する必要があります。
自己血輸血 患者本人から採血した血液を使用するため、免疫反応やウイルス感染がありません。院内での実施管理体制が適正に確立している場合は、最も安全性の高い輸血療法であることから、輸血を要する外科手術(主に待機的外科手術)において積極的に導入することが推奨されています。

ページトップへ戻る

輸血実施までの流れ

(インターメディカ「写真でわかる輸血の看護技術」より)

※赤血球製剤は、室温での放置などの不適切な保管により溶血が起こる可能性がありますので、室温に戻す必要はありません。
(「輸血用血液製剤取り扱いマニュアル(2017年4月改訂版)」はこちら

ページトップへ戻る