責任医師/技師

責任医師の任命

病院内における輸血業務の全般について、実務上の監督及び責任を持つ医師を任命します。

担当技師の配置

輸血業務全般(輸血検査と製剤管理を含む)についての十分な知識と経験が豊富な臨床(または衛生)検査技師が輸血検査業務の指導を行い、さらに輸血検査は検査技師が24時間体制で実施することが望ましいです。

(「輸血療法の実施に関する指針」(改定版)より)