T&Sとコンピュータークロスマッチ

血液の準備

輸血用血液製剤を無駄にせず、輸血業務を効率的に行うために、待機的手術のような直ちに輸血する必要のない場合、輸血用血液製剤を準備する方法として、T&S(タイプアンドスクリーン)とMSBOS(最大手術血液準備量)、SBOE(手術血液準備量計算法)があります。

T&Sとコンピュータークロスマッチ

T&S(タイプアンドスクリーン):

待機的手術例を含めて、直ちに輸血する可能性が少ないと予想される場合、受血者のABO血液型、Rh(D)抗原および臨床的に意義のある不規則抗体の有無をあらかじめ検査し、Rh(D)陽性で不規則抗体が陰性の場合は事前に交差適合試験済みの血液を準備しないで手術を行います。

もし、緊急に輸血用血液製剤が必要となった場合には、輸血用血液製剤のオモテ検査によりABO同型血であることを確認して輸血するか、あるいは生理食塩液法(迅速法、室温)による主試験が適合の血液を輸血します。このような方法をT&S法といい、輸血用血液製剤の有効利用と輸血に関連する業務の効率化を図ることができます。

コンピュータークロスマッチ:

あらかじめオモテ検査により確認されている輸血用血液製剤の血液型と患者の血液型とをコンピューターを用いて照合・確認して輸血の適合性を確認する方法であり、人為的過誤の排除と、手順の合理化と省力化が可能となります。