輸血前後の感染症検査と検体保管

「輸血療法の実施に関する指針」に基づき、輸血前後の感染症検査を行います。

1)輸血前検体保存:血清あるいは全血の凍結保存
  • 保存には患者同意を要する
  • 採血管は開栓せずに血清保存が可能な、ガンマ線滅菌した分離剤入りの真空採血管を用いる
  • 検体は輸血部(検査部)にて可能な限り長期間(2年間を目安)凍結(-20℃以下)保存する
  • 輸血後に感染症が疑われた場合にのみ、輸血前の検体を検査する
  • 継続輸血患者については最低1年に1回をめどに検体を採取する
2)輸血前検査:HBs抗原、HBs抗体、HBc抗体、HCV抗体、HCVコア抗原、HIV抗体検査などを必要に応じて適宜施行する
3)輸血後検査:輸血を受けた患者に検査を勧める
  • 輸血3カ月後を目途に検査を施行する
  • 検査項目:厚生労働省の推奨はHBV(NAT)、HCVコア抗原、HIV抗体など
    ただしHBVとHCVについてはHBs抗原とHCV抗体および肝機能検査をセットで検査し、次いで感染が疑われる際に HBV(NAT)とHCVコア抗原を施行する
  • 保険病名については「輸血後感染症疑い(○年○月○日輸血)」とする
    前提として輸血が妥当と判断される病名が必要となる
  • 継続輸血患者については3カ月に1回をめどに検査を施行する

◎採血困難な小児や新生児についてはこの運用マニュアルの限りではない。

(日本輸血・細胞治療学会 輸血療法委員会 輸血副作用対応ガイド(ver.1.0)より)

輸血前後の感染症検査を実施していない場合、輸血前後の患者血液(血漿または血清として約2mL確保できる量)を保管し、日本赤十字社から検査の依頼があった場合は、指針に沿って検査を行ってください。

「血液製剤等に係る遡及調査ガイドライン」はこちら