インフォームド・コンセント

患者またはその家族が理解できる言葉で、輸血療法にかかわる以下の項目を十分に説明し、同意を得た上で同意書を作成し、一部は患者に渡し、一部は診療録に添付しておくようにします(電子カルテにおいては適切に記録を保管すること)。

必要な項目

  1. 輸血療法の必要性
  2. 使用する血液製剤の種類と使用量
  3. 輸血に伴うリスク
  4. 副作用・感染症救済制度と給付の条件
  5. 自己血輸血の選択肢
  6. 感染症検査と検体保管
  7. 投与記録の保管と遡及調査時の使用
  8. その他,輸血療法の注意点

(「輸血療法の実施に関する指針」(改定版)より)

同意書についてはこちら

日本輸血・細胞治療学会ホームページ
「患者さん用説明書(輸血/血漿分画製剤使用の前に:図版)」