血液の基礎知識

血液の量・献血の量について

人間の血液の量は、体重の約13分の1と言われています。血液の量の12%を献血していただいても医学的には問題がなく、皆さまにお願いしております献血の量は安全なものですので、ご安心ください。

また、献血後の血液の「量」は、水分を摂取することにより短時間で回復します。

血液の「成分」が回復する速さは、その成分によって異なります。

回復する速さには個人差がありますが、目安として、血漿成分は約2日、血小板成分が約4~5日、赤血球は約2~3週間で回復します。

献血していただく方の安全を最大限守るために、血液の成分が完全に回復するまでの期間を考慮し、献血の種類によってそれぞれ、次回献血いただける日までの日数を定めております。

血液の成分

血液は、酸素や栄養の運搬、ケガをしたときの止血、細菌やウィルスなどの病原菌の撃退など、人間が生きていくうえで欠くことのできないものです。抗凝固剤を加えて固まらないようにした血液を試験管に入れて、しばらく放置すると上下2つの層に分かれます。上層の液体成分が血漿で、下層は有形成分(赤血球、白血球、血小板)である血球です。また、血液の約55%は血漿で、残りの約45%は、血球です。

血漿

【性状】91%は水分で、残りの約9%はアルブミン、グロブリン、血液凝固因子などのタンパク質です。この他に無機塩類、糖質、脂質を含みます。

【働き】 体内に酸素や栄養を運び、炭酸ガスなどの老廃物を肺や腎臓に運ぶ働きをしています。凝固因子は出血が起きたときに、血小板や赤血球と一緒に頑丈な血栓を作って傷口をふさぎます。また、いろいろな抗体が含まれ、病原体の排除に重要な働きをしています。

赤血球

【性状】血液1㎣に成人男子で約500万個、成人女子で約450万個、幼児で約690万個。直径約10/1000㎜の円盤型ですが、両面にくぼみがあるため、ドーナツのような形をしています。骨髄でつくられて、古くなると脾臓で壊されますが、その間の寿命は約120日間です。

【働き】肺で酸素を取り込み、体の各部に運搬します。

血小板

【性状】血液1㎣に約20~40万個。直径約2/1000㎜の円盤型の細胞です。体内での寿命は10日間程度です。

【働き】ケガなどで血管が傷ついて出血したとき、傷ついた部分を見つけて張りつき、周りの他の血小板や凝固因子を引き寄せて、血栓を作り出血を止めます。

白血球

【性状】血液1㎣に成人で平均7,500個。顆粒球、単球とリンパ球からなります。

顆粒球は好中球、好酸球、好塩基球の3種類、リンパ球はT細胞、B細胞、NK細胞の3種類に分けられます。単球は血管から組織に入りマクロファージ(大食細胞)に変わります。

【働き】病原体やガン細胞を直接、あるいは抗体を作って間接的に攻撃し、病気から体を守る働きをしています。

血液型

血液型というと赤血球の型が一般的ですが、白血球、血小板にも血液型があります。また、血漿にも血液型にあたるものがあり、輸血する際には、これらの血液型をあわせる必要があります。

ABO血液型

最もよく知られた赤血球の血液型で、A型の人はA型物質を持ち、B型の人はB型物質を持っています。AB型の人は両方の型物質を持ち、どちらも持っていないとO型になります。ABO血液型は赤血球以外にも多くの組織、細胞に存在します。

Rh血液型

Rh血液型は赤血球だけに存在し、D、C、c、E、eの5種類の抗原があります。一番多い人で5種類全部、一番少ない人でもCかcのどちらか1つと、Eかeのどちらか1つのあわせて2種類の抗原を持っています。このうち、D抗原を持たない人をRhマイナス型といいます。まれにD抗原しか持たない人(-D-、バーディーバー型)や抗原をまったく持たない人(Rhナル型)がいます。

まれな血液型

まれな血液型とは、100人に1人以下でしか見つからない血液型をいいます。バーディーバー型やRhナル型はまれな血液型です。

HLA型

HLAはヒト白血球抗原(Human Leukocyte Antigen)の略で、A、B、C、DR、DQ、DPに大きく分けら、それぞれの中に多くの型があります。HLAは白血球だけでなく、赤血球を除く、多くの組織、細胞に存在し、健康な細胞と病気の細胞、あるいは自分の細胞と他人の細胞を区別する重要な働きがあります。このため、骨髄移植においては他人の細胞であると区別されないように、HLA型、特にA、B、DRの型を厳密にあわせる必要があります。

また、血小板を輸血した場合、HLA抗体によって輸血した血小板が壊されてしまうことがあり、このような場合はHLA型を調べて輸血することが必要です。

血漿型

血漿は非常に多くの成分を含んでいます。ほとんどの人は量の多少はありますが、自分以外の人と同じ成分を持っています。しかし、健康上問題のない範囲で、ある成分を持ってない人がいます。有名なのはIgAというタンパク質の欠損です。このタンパク質を欠損している人が他の人から輸血を受けると、抗体が作られ、強い副作用を起こすことがあります。