救急法等の資格の継続について

「救急員等資格継続者」のロゴ入りケースに入った感染防止具

救急員等の資格の有効期間が残り1年以内の方は、4時間の資格継続研修を受講していただくことにより、資格の有効期限をさらに3年間延長することができます。

また、この研修を受講された方には、人工呼吸を行う際に使用する「救急員等資格継続者」のロゴ入りケースに入った感染防止具を頒布しています(料金は受講費に含まれています。ただし、健康生活支援講習は除きます)。

資格継続研修は、2019(平成31)年3月31日をもって廃止させていただきます。

詳しくはこちら「日本赤十字社からのお知らせ」(PDF:148KB)

資格継続研修の概要について

継続可能な資格

救急法救急員、水上安全法救助員、雪上安全法救助員、幼児安全法支援員、健康生活支援講習支援員

※救急法基礎講習のみを受講され、救急法基礎講習修了者の資格だけをお持ちの方は、本研修の対象とはなりません。

受講資格

赤十字救急法救急員等の資格を取得してから2年以上3年未満の方

※資格の有効期限内に受講していただく必要があります。

研修時間

4時間

資格の延長期間

現在保有されている資格の有効期間が満了する日の翌日から3年間

※救急法救急員、水上安全法救助員、雪上安全法救助員の方は、本研修を受講することにより、救急法基礎講習修了者の資格も併せて継続されます。

受講費

救急法救急員、水上安全法救助員、雪上安全法救助員、幼児安全法支援員の方

⇒800円(教材費、保険料等の実費)

健康生活支援講習支援員の方

⇒400円(教材費、保険料等の実費)

研修内容

救急法救急員、水上安全法救助員、雪上安全法救助員の方

⇒一次救命処置(約2時間)、各講習に関する学科・実技の内容の一部

幼児安全法支援員、健康生活支援講習支援員の方

⇒各講習に関する学科・実技の内容の一部

※研修中の実技は、室内で実施できるもののみを行います。

検定

検定は実施いたしません。

※ただし、救急法救急員、水上安全法救助員、雪上安全法救助員の方については、一次救命処置の実技評価を行います。

開催日程等について