講習会について

日本赤十字社は、「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守る」という使命に基づき、各種講習を行っています。

講習会一覧

  • 救急法

    日常生活における事故防止や手当ての基本、胸骨圧迫や人工呼吸の方法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

  • 水上安全法

    水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。

  • 幼児安全法

    乳幼児に起こりやすい事故の予防と手当、乳幼児の一次救命処置、かかりやすい病気と看病などの知識と技術が習得できます。

  • 健康生活支援講習

    高齢期を健やかに過ごすために必要な健康維持増進の知識や高齢者の自立に向けた介護技術が習得できます。

  • 赤十字防災セミナー

    大地震や大雨・土砂災害からいのちを守るため、DIG (地域防災マップ作り)や避難所の生活支援などの防災・減災に役立つ知識と技術を習得します。
    ※4月1日から「赤十字防災啓発プログラム」講習の名称を赤十字防災セミナーに変更しました。

  • 現在実施をしていない講習もあります。

皆さまからいただいたご寄付は、講習会にも使われています。

認定証を紛失してしまった方へ

有効期限内の認定証であれば再発行することができます。
ご希望の方は、こちらから申請してください。
※日本赤十字社大阪府支部が発行した認定証に限ります。
※他都道府県支部で発行された認定証の再発行は、発行支部にお問い合わせください

講習指導員になりたい方へ

指導員として活動するには、日本赤十字社が開催する「指導員養成講習」を受講し、検定に合格してボランティア登録をおこないます。
詳しくは、各講習会のページをご参照ください。