赤十字NEWS1月号プレゼント

【「赤十字を応援!」 プレゼント】 日頃から赤十字を応援してくださっている著名人の方、パートナー企業からの応援メッセージと、プレゼント紹介です!ご応募は一番下のURLをクリックして必要事項をご入力ください。

ぺこぱさんサイン入り 「日めくり毎日ぺこぱ」 or かもめの玉子ミニ( 20個入)

ぺこぱさんサイン入り 「日めくり毎日ぺこぱ」:3名さまに

【血液が必要な人を応援することは、悪くないだろう! ピュ~ゥ♪】

「今まで、なかなかなりたい自分になれなかった。でも今回、妖精になれて“献血チャンス”を伝えることができたんだ。ボクには、血液がある。でも今、血液が必要な人がいる。コロナ禍で苦しんでいる方々への応援をしよう。足りない人にあげることは、悪くないだろう!ピュ~ゥ♪」(松陰寺太勇)

「『はたちの献血』キャンペーンキャラクターに就任させていただきました。はたちを迎える新成人の皆さん、まず献血のことを知って、そして足を運ぶという力は、だれかを救うということにつながると思っていますので、皆さんも、献血会場に足を運んで…おくんなましー!」(シュウペイ)

ぺこぱ◎松陰寺太勇とシュウペイによるお笑いコンビ。2008年4月結成。「M-1グランプリ2019」では初の決勝進出を果たし、3位を獲得。「時を戻そう」のフレーズで一躍人気者に。多数のメディアに出演中。

かもめの玉子ミニ( 20個入):5名さまに

岩手県産の素材の持ち味を生かしながら、しっとりほくほくの黄味餡をカステラ生地とホワイトチョコで包んだ

【津波の被害を受けながらも地域を支えた「かもめの玉子」が、寄付の原点】

東北土産の定番「かもめの玉子」が人気のさいとう製菓株式会社。東日本大震災では、岩手県大船渡市の和菓子工場が津波に流され、本社や店舗も津波にのまれました。家を失った社員も多く、甚大な被害を受けながらも、地域の人々を支えたい一心で、発災直後から計30万個(3000万円相当)の「かもめの玉子」を無事だった倉庫からかき集め、避難所や高齢者施設へ配布。当時の経験は、赤十字への毎年の寄付支援につながっています。
 震災から10年がたとうとする中、リアス式海岸など風光明めいび媚な景勝地を多く有し、復興が進められている岩手県ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、会社も世の中も不安定な状態で、観光客が戻らない厳しい状況が続いています。「それでも希望を失わず、何ができるかを常に考えながら社会に貢献していきたい」と、さいとう製菓。事業以外の部分でも、お客様や地域社会から望まれることに応えるべく、さまざまな努力を続けています。

東日本大震災で発生した津波に、2階の屋根上までのまれたさいとう製菓本社店舗