安全対策のあゆみ

日本赤十字社における血液製剤への安全確保対策の変遷

日本赤十字社は、医薬品である輸血用血液製剤の製造販売を担うものとして、献血者からの原料血液の採血、血液センターにおける製剤の製造および輸血が必要な患者への製剤供給に至る全ての過程において、さまざまな、安全確保対策を実施してきました。ここでは、その安全対策のあゆみを紹介します。

日本赤十字社における血液製剤への安全確保対策の変遷

安全対策の変遷(web用修正).jpg

画像を拡大する