日本キャタピラー建機イベントへの招待~赤十字子供の家

「赤十字子供の家」(東京都武蔵野市)は、様々な理由により家庭で生活することが困難な子どもたちをお預かりし、大切に養育している児童養護施設です。

①キャタピラー(建機のカッコイイ演技に大声援).jpg

建機のカッコイイ演技に大声援

8月9日(火)、日本キャタピラー様のご厚意により、同社が開催する建機イベントに「赤十字子供の家」の子どもたちをご招待いただきました。

このイベントは、毎年春休みと夏休みに一般公募で実施されている人気イベントなのですが、今回は同施設の子どもたちへのプレゼントという形で特別に実施いただきました。

②キャタピラー(ブルドーザーの競演は迫力満点).jpg

ブルドーザーの競演は迫力満点

日本キャタピラーの大勢のスタッフの皆様に歓迎された後、先ずは油圧ショベル、ブルドーザーといった様々な建設機械のデモンストレーションを見学。初めて見る建機の大迫力に、子どもたちはみな、大喜びで声援を送っていました。

③建機との綱引きで大勝利!.jpgのサムネイル画像

建機との綱引きで大勝利!
(優しい油圧ショベルさんで良かったね)

次に、建機との綱引きを実施。みんなで力を合わせて引っ張りました。結果は・・・なんと子供たちの大勝利!! その後は、展示されている油圧ショベル、ホイールローダなどの建機にふれる時間を設けていただきました。公園の遊具などとは別世界の建機に子どもたちは夢中で、いつまでも楽しそうに遊んでいました。

④将来の夢は建機の運転士かな.jpgのサムネイル画像

将来の夢は建機の運転士かな

最後は、大型のダンプトラックの助手席に一人ずつ乗車し、試乗コースを周回していただきました。普段は引っ込み思案の子も、頑張って一人で乗車していましたよ。








⑤ビュッフェ形式の食事は初めての子どもたちも2.jpg

ビュッフェ形式の食事は初めての子どもたちも

イベント終了後は、特別にランチビュッフェをご用意いただきました。美味しい料理を食べて子どもたちは大満足。また、油圧ショベルの模型のプレゼントもいただきました。

「将来はダンプトラックの運転士になる!」と言う子たちもいました。夏休みのすてきな思い出の一コマになったのではないでしょうか。

⑥最後に子どもたちからお礼の言葉を送りました。.jpg

最後に子どもたちからお礼の言葉を送りました。
日本キャタピラーの皆さんありがとう!

今回、なかなか経験することのできない貴重な機会をご提供いただいた日本キャタピラーのみなさんに、心から感謝いたします。

これからも、子どもたちが楽しい思い出を作りつつ、心身ともに健やかに成長できるよう、職員一同充実した施設運営を目指してまいります。

企業・団体さまからのご支援の窓口

日本赤十字社 パートナーシップ推進部 法人・団体担当

TEL: 03-3437-7081 FAX: 03-3432-5507

お問い合わせフォーム

日赤の社会福祉事業・社会福祉施設の連絡先、ボランティア情報については、下記からご覧いただけます