#みんなで乗り越える~赤十字ボランティアの活動5~

全国各地の赤十字奉仕団は、自宅で過ごす時間を楽しむ工夫や感染予防策のSNSでの発信をはじめ、医療従事者への感謝のメッセージや地域の方々への励ましのメッセージ作成など、新型コロナウイルス感染症を乗り越えるための様々な活動を続けています。

今、自分ができることをSNSで発信!

 群馬県青年赤十字奉仕団は、団のTwitterで献血協力の呼びかけや、自宅で過ごす子ども達のために手作りの紙芝居で読み聞かせをする動画の作成、バルーンアートの作り方の紹介等を発信しています。

  • 群馬県青年赤十字奉仕団 Twitter→@gunma_rcy

群馬県支部_青年赤十字奉仕団.jpg

群馬青奉②.jpg

 石川県青年赤十字奉仕団では、「自分たちにできること」をテーマに、自粛期間中の楽しい過ごし方やオンラインを用いた活動の紹介、献血の呼びかけ等について、約1か月間リレー形式で投稿しました。

石川青奉①.jpg

石川青奉②.jpg

北陸大学学生赤十字奉仕団.jpg

 北陸大学学生赤十字奉仕団(石川県)は、
「あいうえお作文」をInstagram上で公開し、
感染症予防を呼びかけました。

  • 北陸大学学生赤十字奉仕団  Instagram→@hu_mystart

 熊本県青年赤十字奉仕団は、感染予防の呼びかけや自粛期間中に家でできること等を毎日リレーで投稿しました。
また、発信したツイートを多くの方に見ていただけるように、6月は大分県青年赤十字奉仕団と連携して、Twitterで互いの発信内容をリツイートしたり共通のハッシュタグを使って発信しました。

熊本青奉②.jpg

大分青奉.jpg

共に頑張るみなさんへ、励ましと感謝のメッセージ

宮城県青年赤十字奉仕団①.jpg

宮城県青年赤十字奉仕団は、感染症防止のため、乳児院や高齢者福祉施設への直接の訪問を控えています。

そこで、なかなか会うことができない子ども達や高齢者の方々に向けて、「励ましのメッセージカード」と「手洗い喚起のポスター」を、団員がそれぞれの自宅で思いを込めて作成しお届けしました。

0610_群馬県支部_無線赤十字奉仕団(団旗と黄色いハンカチ).JPG

また、群馬県無線赤十字奉仕団は、「コロナ収束を願う黄色いハンカチ作成」に協力し、コロナ収束を願うメッセージを書いた黄色いハンカチを子どもたちと共に市内の花壇へ掲げました。

熊本市で、市民から「感謝と応援」のメッセージ募集し、市内の感染症指定医療機関等へフラワーアレンジメントとともに届ける取り組みが行われ、熊本県青年赤十字奉仕団も、「感謝と応援」のメッセージを贈りました。

 

 

<関連リンク>
布マスクの作り方を公開~赤十字ボランティアがマスクを作成~

#みんなで乗り越える~赤十字ボランティアの活動~
#みんなで乗り越える~赤十字ボランティアの活動2~
#みんなで乗り越える~赤十字ボランティアの活動3~
#みんなで乗り越える~赤十字ボランティアの活動4~

#みんなで乗り越える~日赤ユースがいまできること~
#KeepClapping日赤ユースから、最前線でコロナの対応を行っている方々へ感謝の気持ちを込めて~#みんなで乗り越える~