傷病者の安静

安静

手当をするときはもちろん、搬送する場合にも傷病者の安静を確保することが大切です。体位、保温、環境の整備などを考えましょう。

環境の整備

寝かせた場所の環境が悪ければ、安静は妨げられます。

身体的かつ精神的な安静をはかることが大切です。そのためにも周囲の者はいたずらに騒ぎ立てないようにしましょう。また、できるだけ傷病者にきずや血液や吐物を見せないようにし、気持ちを動揺させないようにします。

救助者のしっかりした態度や言葉遣いが、傷病者を力づける大きな助けになることを心得ておきましょう。

体位

傷病者の安静体位・水平

原則として水平に寝かせます。

意識がある場合

本人に聞いて最も楽な体位にします。

腹痛のひどいときには腹筋の緊張を緩める体位をとらせると楽な場合があります。

意識がない場合

仰向けでは、のどに舌が落ち込んで気道をふさいだり(舌根沈下)、嘔吐物がつまる可能性があるので、気道確保の保てる体位(回復体位)にします。

回復体位

下あごを前に出し、両肘を曲げ上側の膝を約90度曲げ、傷病者が後ろに倒れないようにします。

この体位で舌根沈下や吐物による窒息を防ぐことができます。

仰臥位からの体位の変換

救助者側にある手を横に出しておきます。

肩と腰に手を当て静かに横向きに引き起こし、大腿部で傷病者の体を支えながら気道確保をします。

傷病者の膝を引き寄せ姿勢を整えます。

保温

1. 毛布をあらかじめ半分まで折り込んでおき、傷病者の片側に置きます。

2. 傷病者を引き起こし、毛布を差し入れます。

3. 毛布を引き出し、傷病者を包みます。肩や足を十分に包みます。

本人の体温を保つようにし、全身を毛布で包みます。ネクタイ、ベルトなど衣類をゆるめて呼吸を楽にさせますが、必要以上に衣類を脱がせてはなりません。周囲の温度や傷病者の状態を考えて保温します。

濡れた衣類は取りかえるようにしますが、着替えるものがなければ衣類の上から保温します。

傷病者を直接地面や床の上に寝かせる場合、下からの冷えに対する配慮が必要です。新聞紙などを敷くだけでも断熱の効果があります。

毛布で傷病者を保温するときには、傷病者を大きく揺らさないように注意します。