状況の観察・傷病者の観察

周囲の状況の観察

倒れている人(傷病者)を発見したら、まず周囲の状況をよく観察します。事故発生時の状況、事故の場所、二次事故(災害)の危険性、傷病の原因、証拠物などについて注意する必要があります。

周囲の状況が悪いときには、傷病者および救助者自身の安全を確保し、十分な手当を行う為、安全な場所への避難を優先させる事もあります(例えば夜間の事故、交通事故、感電事故、崩壊した建物のそば、土砂くずれ、有毒ガスのあるところなど)。

また、二次事故(災害)の危険があり傷病者に近づくことが困難なときは、無理せず、直ちにその危険を排除できる専門機関や119番に通報します。

傷病者の観察

手当を行う前には、傷病者の状態をよく調べなければなりません。

全身を観察し、直ちに手当・通報すべき傷病(意識障害・気道閉塞・呼吸停止・心停止・大出血・ひどい熱傷・中毒)が見受けられた場合は、直ちに119番通報とAEDを手配し、手当を行います。

反応(意識)や呼吸がある場合も、よく見て、声をかけ、直接触れて生命の徴候(意識、呼吸、脈拍、顔色・皮膚の状態、手足の動き)を観察します。どんな場合でも、観察を心がけることが大切です。

正しい手当を行うためには、くわしい観察によって正しく判断することが必要ですが、慎重になりすぎて観察に時間をかけすぎて、119番通報や手当が遅れることがあってはなりません。