誤飲事故

飲んだものの種類により、手当の方法が違うので、いずれの場合も、119番、医療機関あるいは中毒110番などに連絡し、指示を受けることが基本となります。

意識がないときや、呼吸が苦しそうなときは、一次救命処置の手順により手当を行い、救急車で直ちに医療機関へ搬送します。

たばこの誤飲事故

こどもの誤飲事故の中で一番多く、症状は、吐き気、嘔吐から始まり、顔色が蒼白になったり、呼吸・脈が速くなることがあります。大量に吸収された場合には、意識障害やけいれんが起こり、呼吸が停止する可能性もありますがほとんどの場合吸収される前に吐き出します。

手当

  • まず吐かせます。口の中にたばこが残っている場合はぬぐいとります。たばこの葉や吸いがらを飲んだ場合には、水や牛乳などを飲ませてはいけません。
  • 水に浸っていたたばこを食べたり、その液を飲んだ場合には、からだを保温し、直ちに医療機関へ連れていきます。

家庭用医薬品の誤飲事故

風邪薬、睡眠薬、ビタミン剤など最近の薬は甘くておいしいので、たくさん食べるという事故が多くなっています。

手当

  • 口の中を調べ、薬が残っていたら指を口の中に入れてぬぐいとります。
  • 水や牛乳を飲ませ、吐かせます。
  • 薬の空きびん、散らばっている薬、吐いたものは医師に見せます。

石けんの誤飲事故

浴用、化粧用、薬用、洗濯用などいろいろありますが、毒性は低いといわれています。

手当

  • 一口程度なら、水や牛乳を飲ませ、しばらく様子を見ます。吐き気、嘔吐、のどの痛み、口の中のただれなどの症状があれば、医療機関へ連れていきます。
  • 大量に食べた場合はできれば吐かせて、医療機関へ連れていきます。

マニキュア液・マニキュア除光液の誤飲事故

身近な化粧品の中では最も毒性が高く、少量でも飲んだり、誤って気管に入れると危険です。また揮発性のものを吸入しても中毒を起こすことがあります。

手当

  • 吐かせてはいけません。
  • 少量(マニキュア液3ml、除光液1ml)でも飲んだ場合はすぐに医療機関へ連れていきます。
  • 揮発性のものを吸入した場合は、新鮮な空気を吸わせて様子をみます。

クリームの誤飲事故

化粧品の中では最もこどもの誤飲事故が多いものです。通常こどもが誤って食べるくらいの量ではほとんど問題はありませんが、食べた量が多いときは、油分成分による症状(吐き気、嘔吐、下痢など)がでることがあります。

手当

  • 水分をとらせて様子をみます。
  • 大量に食べた場合や、症状がみられる場合は医療機関へ連れていきます。

ボタン型電池の誤飲事故

飲み込んだ電池は食道に詰まらなければ、ほとんどの場合便にでます。しかし一ヵ所に長時間とどまると、放電により組織腐食をきたします。また電池が消化管内で壊れると、もれ出したアルカリによって潰瘍などの危険もあります。

手当

  • 電池の種類を確かめます。
  • 飲んだり鼻や耳に入れた場合、急いで医療機関へ連れていきます。受診時に電池の種類を伝え、同じ種類の電池があれば持参します。
  • 飲んだことが確かでなくても、確認のため医療機関へ連れていきます。

ナフタリン・しょうのうの誤飲事故

  • なめただけなら、水を飲ませ(牛乳はだめ)様子をみます。
  • かけら程度でも食べている場合は急いで医療機関へ連れていきます。
    ※防虫剤、石油製品(灯油、ガソリン、シンナー、ベンジンなど)の場合は牛乳を飲ませてはいけません。
    理由:牛乳を飲むと毒物のからだへの吸収量が多くなります。