水の事故(レジャー・水遊び)

水遊びや魚とり

水遊びや魚とりでの水の事故防止

こどもの水の事故で最も多いのが、海や川、池での水遊びによるものです。

こどもたちは遊びに熱中するほど周囲の状況が目にはいらなくなります。

けっしてひとり遊びをさせてはいけません。

  • どろ底の池などでは遊ばない
  • 池や川岸の草のおい茂っているところには近よらない
  • 丸太や漂流物の上では遊ばない
  • 波の高いときは岩場には近よらない
  • 増水に注意する
  • 氷のはっているところには安全が確認されるまで乗らない

レジャーやスポーツ

レジャーやスポーツでの水の事故防止

ボートやヨット、釣りなど、水のレジャーやスポーツによる水の事故も後をたちません。自分だけは大丈夫と過信したり、せっかく来たのだからと無理をしたりせずに、安全を確認して楽しみたいものです。

山間部の河川ではわずかな雨でも何が起こるかわかりません。また海岸では、潮の満ち引きによって水位が変化しますので、注意が必要です。

ボートやヨットなどの小船の安全

  • 定員以上乗らない
  • むやみに席を替わらない
  • 救命胴衣を必ず身につける
  • 天候が悪いときや、波や風が強いときには乗らない
  • 危険な場所で乗り降りしない
  • 他の船や遊泳者、ダイバーなどに気をつける

釣りやキャンプの安全

  • 磯釣りは高波と足場に注意し、必ず救命胴衣を身につける
  • 河川の釣りは滑りやすいので、足元に注意する
  • ダムの下流や中洲、河原などでは、時間により水かさが変わりやすく危険なのでキャンプをしない