熱中症

高温、多湿、風が弱い、輻射熱(地面や壁などからの放射により伝わる熱)があるなどの環境では、体から外気への熱放散が減少し、汗の蒸発も不十分となり、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れるなど体温や体液の調整機能が破綻します。このことが原因で起きる障害を熱中症といいます。死に至る危険性のある病態ですが、予防の方法を知っていれば防ぐことができます。

熱中症の症状

「暑熱環境にさらされた」という条件が明らかで、立ちくらみ、こむらがえり、倦怠感といった症状がみられれば熱中症の疑いがあります。

ひどくなると、意識がもうろうとしたり、体温は極端に高いなどの症状もみられます。また、気温が低く、湿度が高い場合は、体温が低くても同様の症状が見られる場合があります。

()()

手当

  • できるだけ早く風通しのよい日陰や、冷房が効いている室内などに避難させます。
  • 原則として水平にしますが、本人が楽な体位にします。
  • 厚い衣服は脱がせて、体から熱の放散を助けます。
  • 意識があり、吐き気や嘔吐などがなければ、水分補給をさせます。経口補水液、スポーツ飲料か、薄い食塩水などを飲ませます。
  • 胸や腹の体の表面に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。氷嚢などがあれば、それを頚部、腋窩部(わきの下)、鼠径部(大腿の付け根、股関節部)に当てて皮膚の直下を流れている血液を冷やすことも有効です。また、体温の冷却はできるだけ早く行う必要があり、重症者を救命できるかどうかは、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。
  • 水分が補給できない、症状に改善が見られない、様子がおかしい、全身の痙攣があるなど、手当の判断に迷う場合は、直ちに119番通報します。
  • 119番通報後も、救急隊の到着前から冷却を開始することが求められます。
  • 反応(意識)がなく、普段どおりの呼吸がない場合は、一次救命処置の手順により手当を行います。

事故防止

熱中症を防ぐためには、日常生活における工夫が必要です。特に高齢者やこどもなどは熱中症に陥りやすいので、注意が必要です。

  • 屋外では日陰を選び、屋内では扇風機や空調(エアコン)などを使用します。
  • 濡れたタオルなどでこまめに汗を拭き、吸汗・速乾素材や通気性のある衣類、帽子を着用します。
  • のどが渇く前からこまめに水分を補給します。
  • 急に暑くなる日に屋外で過ごしたり、久しぶりに暑い環境で活動する場合は、熱中症になりやすいので注意が必要です。
  • 日頃から運動で汗をかく習慣を身につけて、暑さに備えた体づくりを心がけます。
  • 疲労や睡眠不足、肥満、慢性疾患、薬剤服用など個人の条件も考慮します。
  • 個人の予防努力に加えて、集団活動の場ではお互いに配慮する必要があります。