AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動

国内で非常に多い突然の心停止、その中で特に多いのが心室細動(心臓のけいれん)によるもので、発生した場合は早期の除細動(けいれんを止めること)が救命の鍵となります。

AEDとはコンピューターによって自動的に心電図を解析し、除細動の要否を音声で知らせ、必要な場合には電気ショックにより除細動を行うことができる機器です。音声メッセージに従うことにより、市民でも扱えます。

AEDを扱うことができる市民が増えることによって、心停止した傷病者の救命率の向上が期待されています。また、AEDを操作している間も、心肺蘇生は絶え間なく行うことが重要です。

電源を入れる

AEDの電源を入れる

※機種によっては、ふたを開けると自動的に電源が入るタイプがあります。

音声メッセージに従って操作します。

電極パッドを傷病者に貼る(コネクターを本体に接続する)

※機種によっては、既にコネクターが本体に接続されているタイプがあります

電極パッドを、傷病者の胸の右上と左下側に空気が入らないようにしっかり貼ります。AEDが自動的に傷病者の心電図を解析し始めますので、その音声メッセージに従います。

AEDから除細動の指示が出たら、除細動ボタンを押します。

除細動を実行した後は、AEDの音声メッセージに従って直ちに胸骨圧迫から心肺蘇生を再開します。