雪上安全法

雪の楽しさを知るとともに、スキー場などでの事故防止やけが人の救助、応急手当の知識と技術を習得できます。※本年、冬の開催についてはこちらをご覧ください。

救助員Ⅰ養成講習

受講資格 満18歳以上の救急法救急員(※)
受講人員 30人を標準とします
講習時間 7時間
講習内容 雪上での事故防止、スキーの基本、雪上での事故者の救助技術
指導者 雪上安全法指導員
交付される証 全課程修了者に受講証
検定合格者に赤十字雪上安全法救助員Ⅰ認定証
受講費 700円(教材費、保険料などの実費)

※ 救助員Ⅱ養成講習との合同開催や連続開催時には、一定のスキー技術が必要となります。詳細は、開催支部にお問い合わせください。

救助員Ⅱ養成講習

受講資格 雪上安全法救助員Ⅰの資格を有し、相当のスキー技術(※)を有する者
受講人員 30人を標準とします
講習時間 12時間
講習内容 スキーパトロール、ゲレンデでの事故者の救助および応急手当
指導者 雪上安全法指導員
交付される証 全課程修了者に受講証
検定合格者に赤十字雪上安全法救助員Ⅱ認定証
受講費 300円(保険料などの実費)

※相当のスキー技術:(公財)全日本スキー連盟のスキーバッジテスト(級別テスト)1~2級に相当する技術。

(ご参考)雪上安全法講習の内容

雪上安全法講習の雪上等で行う実技の具体的なイメージは、以下の動画をご覧ください。

※こちらはあくまでも参考のため、実際に行われる講習内容とは一部異なる場合があることを、あらかじめご承知おきください。

救助員に必要な技術(スキー技術)※救助員Ⅱ養成講習

救助員に必要な技術(アキヤ搬送)※救助員Ⅱ養成講習

救助員に必要な技術(ロープ操作)※救助員Ⅰ・Ⅱ養成講習