平成28年熊本地震災害~日本赤十字社の活動~

平成28年4月に発生した熊本地震災害は、2度にわたり最大震度7を記録し、熊本地方を中心に大きな被害をもたらしました。

日本赤十字社は発災直後から速やかに全国から医療救護班を派遣し、刻々と変化する医療ニーズ等に対して、こころのケア活動や避難所支援活動を実施するなど、3か月半にわたり「災害から命を守る活動」を続けてきました。

今後ともみなさまからの温かいご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

主な活動の詳細についてこちらからぜひご覧ください 熊本地震報告書.pdf

救護テント内で診察する医師(南阿蘇村).JPG (2カラム画像(枠なし):322x210px)

 救護テント内で診察する医師(南阿蘇村)