令和元年台風第19号災害における日本赤十字社の活動

160617.jpg自力避難できない要介護高齢者の救助・搬送を行う救護班員(長野県)

 令和元年10月12日に東日本へ上陸し、関東甲信・東北地方などで猛威を振るった台風第19号。大雨による河川の越水や堤防の決壊などにより浸水被害が相次ぎ、多くの地域に甚大な被害をもたらしました。

 日赤は避難所を中心とした救援物資の配布や、各地から救護班を派遣し、被災地域の方々の安全と健康を守る活動を行っております。被災地の生活が1日も早く再建できるよう、今後も支援を続けてまいります。

救護班の活動状況(11月5日現在)

20支部33病院から医療救護班・こころのケア班を派遣

20191014_伊達市梁川町梁川寿健康センター_福島HP救護班アセスメント_DSC4019.jpg

避難者の体調などを確認する救護班員(福島県)

こころのケア班の活動状況

 避難所や地域を巡回し、被災者の健康状態や悩みなどを聞いてストレスの軽減に努めています。被災されながらも地元の支援を行う役場の方々などを対象としたリラクゼーションルームなどでの支援も行っています。

救援物資の配布状況(10月31日現在)

thumbnailSGDKGSH4.jpg

備蓄倉庫から救援物資を運び出す日赤職員(宮城県)

・毛布 17,579枚

・安眠セット 2,817セット

・緊急セット 3,474セット

赤十字ボランティアの主な活動内容

20191016.長野県北部スポーツレクリエーションパーク.奉仕団による食事の配布160801.jpg   

食事の配付や清掃などで避難所生活をサポート(長野県)  

heli.jpg

赤十字飛行隊による上空からの被害状況調査(群馬県)

・救援物資の搬送/配布

・各市町のボランティアセンター立ち上げや運営支援

・被災家屋の泥出し

・避難所での炊き出し

・赤十字飛行隊による被害状況調査  など

義援金の受付

「令和元年台風第19号災害義援金」

 この災害で被災された方々を支援するため、義援金を受け付けております。

 お寄せいただいた義援金は、全額を被災地に設置された義援金配分委員会にお届けいたします。

20191016.長野県長野市穂保.被災状況160744.jpg

受付期間: 令和元年10月16日(水)から令和2年3月31日(火)

(1)受付金額
  28億6,509万4,939円(69,611件)(令和元年10月31日現在)*速報値

(2)送金金額(義援金配分委員会への送金)
  11億6,897万2,844円(令和元年11月18日現在)

ご協力方法はこちらをご覧ください