石巻赤十字看護専門学校生2名が人命救助をして感謝状授与

IMG_2127.JPG

感謝状贈呈式の様子

石巻赤十字看護専門学校3学年の石川茉奈恵さんと岩渕あさひさんが、JR仙石線電車内で、突然うずくまり意識を失いかけている高齢者の男性に、救護措置を行ったことに対し、4月24日(火)に
JR東日本仙台地区駅長から感謝状が贈られました。

2人は自宅まで帰る途中の電車内で、同じ車両に乗っていた男性が急にうずくまり吐き気を催しているのに気づき、声を掛け、脈拍や意識確認を行いました。男性は嘔吐すると、徐々に意識が薄くなり、瞳孔が開きはじめているのが分かりました。意識を失くしてしまわないよう声を掛け続け、停車する駅まで、乗務員さんや周囲の方々と協力し対応しました。駅に到着すると、男性は意識を回復したため、駅員さんへ男性を引き継ぎました。


IMG_2136.JPGのサムネイル画像

石巻駅長と石橋学校長とともに記念撮影

贈呈式では石巻駅長が「勉強の成果を発揮し、大事な人命救助にあたっていただき感謝します」と述べ、2人に感謝状を手渡しました。感謝状を受け取った2人は、「看護学生としてできる限りのことをしようと思いました。周りの方々の協力もあったので、とても心強かったです。」と当時を振り返りました。

地元の新聞紙にも取り上げられ、地域の方からの喜びの手紙も届きました。

電車の中で具合の悪い人に声をかけるのはとても勇気がいることですが、手を差し伸べるという行動がとれたことは、日頃の教育の成果ともいえ、とてもうれしい出来事でした。



石巻赤十字看護専門学校のHPはこちら<<http://www.ishinomaki.jrc.or.jp/school/

赤十字看護専門学校で学びたいかたはこちら<<http://www.jrc.or.jp/activity/nurse/school/