赤十字病院グループ 医療の質の評価・公表等推進事業における臨床評価指標について

赤十字病院グループ 医療の質の評価・公表等推進事業における臨床評価指標について

 日本赤十字社の病院グループでは、安心で安全な医療を提供するために質の高い医療の提供に努めています。その一環として、わが国において医療の質に関する関心が高まる中、患者さんをはじめ国民の皆さんの期待に応えるべく、赤十字病院グループ全体として良質な医療の提供をさらに推進することを目的に、本年度より厚生労働省の「医療の質の評価・公表等推進事業」に参加し、臨床評価指標を用いて各施設の医療の質を評価した結果を公表することとしました。

 私たちは、平成25年度より医療の質評価制度の仕組み作りを行い、平成26年度には、医療の質の改善につなげるための臨床指標の可視化(集計・分析)及び各赤十字病院へのフィードバックを半期ごとに行える体制を整え、各施設における計測結果の活用の幅を広げ、「医療の質評価制度」を導入しており、以来継続して赤十字病院間におけるバラツキの少ない良質な医療の均てん化を目指しています。

 医療の質の評価の公表にあたっては、患者さんや国民の皆さんがお知りになりたい情報を検討し、各施設にて医療の質の改善につながる可能性の高い臨床評価指標を掲載することとしました。しかし、これらの結果は必ずしも病院間の優劣、質の差を表すものではありません。赤十字病院グループにおける医療の質の向上、良質な医療サービスの提供、体制整備を目的としていることをご理解いただきたいと思います。

 赤十字病院グループ「医療の質評価制度」の推進及び厚生労働省「医療の質の評価・公表等推進事業」への参加が、各病院にて自らの医療を評価し、改善に役立てられるためのツールとして活用されることを願うとともに、患者さんや国民の皆さんに対する透明性の高い医療サービスの提供、ひいては我が国の医療の質の向上にも寄与することを期待しています。

日本赤十字社 医療事業推進本部

平成31年3月

平成30年度医療の質の評価・公表等推進事業における臨床評価指標