受付

身分証の提示

ご本人確認について

安全で責任ある献血をお願いするために、献血受け付け時に身分証の提示を、2004(平成16)年10月1日から全国で実施しています。

また、2006(平成18)年4月1日以降、3回連続して証明書等がご提示いただけない場合は、献血を辞退いただくこととしています。

2015(平成27)年12月21日から、安全で責任ある献血の更なる推進を図るため、①初めての献血で公的機関が発行した証明書をお持ちでない方、②今までに本人を証明する証明書を提示したことがなく、献血時に公的機関が発行した証明書をお持ちでない方につきましては、ご自身のモバイル端末の電話番号画面の提示をお願いすることとしています。

身分証の例

(1種類のみで確認可能)

公的機関が発行している証明書で氏名が確認できるもの

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(通知カードを含む)など

(2種類で確認可能)

証明書作成時に本人確認が必要なもの、公的機関からの郵便物など

  • 社員証
  • 学生証
  • 医療機関の診察券
  • 銀行のカードなど

これに併せ、本人確認の徹底と献血者の利便性にも配慮し、2006(平成18)年10月1日から、献血カードを全国で導入しました。

献血カードについて(PDF:340KB)