青少年赤十字(Junior Red Cross)

児童・生徒が赤十字の精神に基づき、いのちと健康を大切に、
地域社会や世界のために奉仕し、世界の人びととの友好親善の精神を
育成することを目的として、さまざまな活動を学校教育の中で展開しています。

青少年赤十字とは

実践目標

青少年赤十字では、先に述べた目的を達成するために、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」の3つの実践目標を掲げています。

健康・安全
いのちと健康を大切にする
人間の生命はもっとも大事なものです。その生命を守るために、自分の命と健康を大切にするとともに、みんなの健康を守り、人間尊重の精神を養うことを目指します。
奉仕
人間として社会のため、人のためにつくす責任を自覚し、実行する
私たちはたった一人で生きているのではなく、社会の一員として生きています。自分が今、他者のために何が出来るかを考え、できることから実行していきます。
国際理解・親善
広く世界の青少年を知り、なかよくたすけあう精神を養う
私たちは、いつも世界の国々とのつながりの中で生活しています。外国の人々やその国のことについて正しく理解し、交流を深めることは大変重要なことです。それは自分自身を知ることにもつながります。このような積み重ねが、世界の平和の実現を目指していくことにつながります。

態度目標

主体性を育むために「気づき」「考え」「実行する」という態度目標を掲げています。

青少年赤十字の特徴

  • 学校や幼稚園・保育所に組織されています。
  • 何を実践するかは学校や園の自由裁量です。
  • 青少年赤十字は世界的な組織です。
  • 国内にも多くの仲間がいます。
  • 青少年赤十字は政治的、宗教的および思想的なことには中立・公平です。

長崎県の青少年赤十字事業

  • 学校生活の中で

    青少年赤十字の実践目標と態度目標は、「生きる力」「自分で考える力」を養うことを目指しています。
    学校の裁量で取り入れられ、教育目標を達成するための機能として、指導者である先生方の支援や、校内外の活動を通じて青少年の健全な育成に有意義な役目となります。

  • 応急手当・車イス体験等

    実践目標の一つである「健康・安全」「奉仕」の具体的事業として、安全な生活を送るために必要な知識や技術を身につけ、体と心の健康の大切さについて学びます。
    子どもにもできる応急手当、車いすや高齢者疑似体験等を指導しています。

  • 防災教育

    将来起こりうる自然災害の危険から身を守る行動を自ら考えて判断し、知識と行動力を身につけることができるだけでなく、他者への思いやりや優しさ、いのちの大切さを学び取る力を育むことができます。

  • リーダーシップ・トレーニング・センター

    夏休み期間を利用して小・中・高メンバーと指導者を対象に開催しています。宿泊での集団生活体験を通して、自ら進んで行動できる児童・生徒を育てることを目的とします。
    掲示板の利用、先見、ボランタリー・サービスの実践、グループワークなどの活動や、仲間との体験を通してリーダーシップを高めます。

  • 国際交流

    実践目標の一つである「国際理解・親善」の具体的事業として、海外にメンバーを派遣しています。
    派遣メンバーは青少年赤十字加盟の中学校や高校から選出され、現地の赤十字社の活動視察や青少年赤十字メンバーとの交流を通して、国際社会の一員としての視野を広めます。

  • 指導者研修会

    赤十字や青少年赤十字について基礎的な知識を理解するとともに、児童・生徒のリーダーを養成するための知識・技術や学級運営等で活用できるプログラムです。

【長崎版】青少年赤十字パンフレット

加盟登録について

加盟のメリット

赤十字の豊富な教材や講習会等が、学校教育に活用できます。
  • 赤十字のネットワークを活用した幅広い活動ができます。(赤十字施設見学、地域の赤十字奉仕団との協働活動、他の加盟校との交流等)
  • 指導者(教諭)やメンバー(児童・生徒)を対象とした各種講習会等に参加することで、実践目標や学校教育目標の達成に役立ちます。(県内や九州合同研修、全国研修等)
  • 青少年赤十字の手法を活用した学校運営が可能です。(ノーチャイム、ボランタリー・サービス活動、掲示板を用いた注意深い生活等)
  • 青少年赤十字や赤十字に関する各種資料・教材等の活用について、気軽にご相談ください。(刊行物やポスター等の送付、講師派遣等)

青少年赤十字加盟校(園)一覧

長崎県内の加盟校(園)一覧 ※2021年1月現在