ボランティアについて

「困っている・苦しんでいる人の役に立ちたい」という思いを持った仲間が、その思いを結集し、さまざまなボランティア活動を行っています。
日本赤十字社の活動は、このようなボランティアによって支えられています。
あなたも、“困っている人、苦しんでいる人の役に立ちたい”という思いを行動に移してみませんか?

ボランティアの種類

  • 地域赤十字奉仕団

    「赤十字のボランティア活動を通じて地域社会に貢献したい」という思いを持った人びとによって市町村ごとに組織されたボランティアグループ。
    主に、高齢者支援活動や児童の健全育成活動、災害救護・防災活動、赤十字のPR活動などを行っています。

  • 青年赤十字奉仕団・ユースボランティア

    おおむね18歳~30歳の社会人や学生などで組織されたボランティアグループ。
    主に、災害救護・防災活動、HIV/エイズ予防啓発活動など多岐にわたる活動を行っています。

  • 特殊赤十字奉仕団

    さまざまな専門技術や職業を活かして活動するボランティアグループ。
    その一例として、アマチュア無線、救急法、水上安全法、芸能などがあります。

  • 防災ボランティア

    災害時に活動する個人登録型のボランティアです。

皆さまからいただいたご寄付は、ボランティアの育成にも使われています。

他の方法で協力したい方に