青少年赤十字について

児童・生徒が赤十字の精神に基づき、いのちと健康を大切に、
地域社会や世界のために奉仕し、世界の人びととの友好親善の精神を
育成することを目的として、さまざまな活動を学校教育の中で展開しています。

主な活動内容

  • リーダーシップ・トレーニング・センター

     青少年赤十字リーダーシップ・トレーニング・センター(以下、トレセン)は、青少年赤十字の教育プログラムの一つです。
     トレセンで言う「リーダー」は、ある特定のメンバーだけがリーダーシップを取るのではなく、グループのメンバー全員がグループの中で役割を持ち、仕事の内容や時と場所によって、ある時はリーダーになり、またある時は協力者の立場をとることができるように、メンバー全てが「リーダーシップの取り方を学ぶこと」を目指しています。
     三重県支部のトレセンは、昭和26年に小学生と中学生のトレセンが、翌27年から高校生のトレセンが開催されました。これまで長きにわたって続けている事業で、毎年夏季休業中に開催しています。
     トレセンは、集団生活を通して行われる学習活動の場です。青少年赤十字の態度目標である「気づき」「考え」「実行する」の3つを、実践を通して身に付けていくものです
     トレセンには特徴的な取組があります。特徴的な取組は「詳細はこちら」をご覧下さい。

  • 出前授業

     三重県支部では、加盟した学校・園を対象に出前授業を実施しています。ご希望の内容がありましたら、お気軽に、お問い合わせください。
     内容は、①青少年赤十字加盟登録式 ②お互いに気持ちよく生きるために ③赤十字の7つの原則 ④赤十字について ⑤青少年赤十字について ⑥赤十字と青少年赤十字について ⑦救急法について ⑧非常食炊き出し実習について ⑨献血の必要性について ⑩点字について ⑪青少年赤十字防災教育プログラム ⑫新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう。出前授業の詳細は「詳細はこちら」をご覧下さい。

各種事業の申請方法について

出前授業

日本赤十字社三重県支部では加盟校・園に対して出前授業を行っています。

〈内容〉

 令和3年度版『こんな出前授業をします』

〈お願い〉

 ①当支部の他の事業と重なる場合やすでに予定が入っている場合がありますので、事前にお電話等で日程等の問い合わせをお願いします。

 ②日程が決まりましたら、別紙様式『青少年赤十字の出前授業の派遣について』を当支部へ提出してください。

 ③実施にあたり、学校・園でご準備いただくものがありますのでご確認ください。

 【様式】

 ・別紙様式『青少年赤十字の出前授業の派遣について』

〈新型コロナウイルス感染症対策〉

 ◎支部から派遣する講師が行うこと

  ・当日、健康チェックを行い、健康状態が良好であることを確認したうえで派遣します。

  ・講師は手指の消毒を行い、マスクを着用して講習を実施します。

 ◎学校・園にお願いしたいこと

  ・会場の十分な換気をお願いします。

  ・密集・密接を避けるため、人と人との間隔を十分に確保いただきますようお願いします。

  ・万が一、出前授業実施後2週間以内に体調不良者が発生した場合には、三重県支部までご連絡をお願いします。

手洗いチェッカー貸出し

 日本赤十字社三重県支部は、加盟校・園並びに赤十字奉仕団に対し、新型コロナウイルス・インフルエンザ・感染性胃腸炎等の感染症の拡大防止対策として、日本赤十字社三重県支部有功会から贈呈いただいた「手洗いチェッカー」の貸出しを行っています。

 本チェッカーは、自分の手洗い方法、洗い残し部分の確認ができるものであり、貸出しは無料です。

〈内容〉

 チラシ・実施要領

〈お願い〉

 ①貸出しを希望する場合は、事前に電話で空き状況を確認のうえ、利用日の1週間前までに使用申請書(様式1)を提出してください。

 ②使用後は、使用報告書(様式2)を提出してください。

 【様式】

 ・使用申請書(様式1)

 ・使用報告書(様式2)

その他

1円玉募金(青少年赤十字海外支援事業)

使用済み切手・書き損じはがきの収集

青少年赤十字とは

実践目標

青少年赤十字では、先に述べた目的を達成するために、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」の3つの実践目標を掲げています。

健康・安全
いのちと健康を大切にする
人間の生命はもっとも大事なものです。その生命を守るために、自分の命と健康を大切にするとともに、みんなの健康を守り、人間尊重の精神を養うことを目指します。
奉仕
人間として社会のため、人のためにつくす責任を自覚し、実行する
私たちはたった一人で生きているのではなく、社会の一員として生きています。自分が今、他者のために何が出来るかを考え、できることから実行していきます。
国際理解・親善
広く世界の青少年を知り、なかよくたすけあう精神を養う
私たちは、いつも世界の国々とのつながりの中で生活しています。外国の人々やその国のことについて正しく理解し、交流を深めることは大変重要なことです。それは自分自身を知ることにもつながります。このような積み重ねが、世界の平和の実現を目指していくことにつながります。

態度目標

主体性を育むために「気づき」「考え」「実行する」という態度目標を掲げています。

青少年赤十字の特徴

  • 学校や幼稚園・保育所に組織されています。
  • 何を実践するかは学校や園の自由裁量です。
  • 青少年赤十字は世界的な組織です。
  • 国内にも多くの仲間がいます。
  • 青少年赤十字は政治的、宗教的および思想的なことには中立・公平です。

加盟のメリット

  • 赤十字のネットワークを活用した幅広い活動ができます。
  • 指導者やメンバー対象の各種講習会の参加機会をご案内します。
  • 青少年赤十字の手法を活用した学校運営が可能です。
  • 青少年赤十字や赤十字に関する各種資料・教材がご提供できます。