青少年赤十字防災教育プログラム

「まもるいのち ひろめるぼうさい」を活用した防災教室

 未来を担う子どもたちは、将来起こりうる自然災害に対しての正しい知識を持ち、自ら考えて判断し、危険から身を守る行動をとる必要があります。
 「気づき、考え、実行する」という態度目標に基づいた防災教育は、「人道」を基盤として他の人たちのためにどう行動したらよいかを子どもたち自らが考えるものです。
 日本赤十字社福島県支部では、防災教育を通じて青少年の健康と安全を守り、学校や家庭、地域での防災意識の向上に力を注いでいます。

コミュニケーション力を養う4つの『防災コミュニケーションワークショップ』 

画像

災害時に備える『災害時シミュレーション』や『風水害』の授業 

画像

青少年赤十字防災教育プログラム『まもるいのち ひろめるぼうさい』   (小学生・中学生・高校生向け)

画像

●まもるいのち
 自分のいのちを守る力を身につけること。

●ひろめるぼうさい
 学校、地域、家庭に防災を広めることで、防災意識を高め、周りの命を救うこと。いのちの大切さ、思いやる心を育てること。
 
 自然災害に向き合ってきた日赤と現場の教員が提案する「授業ですぐ使える防災教材」をこの一冊にまとめました。
 児童・生徒が主体的に防災に取り組めるよう、「気づき、考え、実行する」力を重視。「自然災害の正しい知識」「自ら考え、判断し、危険から身を守る行動」を災害ごとに選択できる映像教材や「思いやり、優しさ、いのちの大切さ」「コミュニケーション力」「想像力」を育むテキスト教材・資料を収録しています。

「青少年赤十字防災教育プログラム『まもるいのち ひろめるぼうさい』 (小・中・高校生向け)及び英語版教材のダウンロードはこちら 」

『ぼうさいまちがいさがし きけんはっけん』 (幼稚園児・保育園児向け)

画像

 間違い探しを楽しみながら学習指導要領・幼稚園教育要領に定められた防災分野での高い学習効果の実現を目指した教材です。
 ≪特徴≫
  (1)気づき 考え 実行する        (2)災害時にとる行動の結果までわかる
  (3)日常のモノや人から危険の察知ができる  (4)解説書付きで簡単
  (5)園で行う防災教育に取込みやすい    (6)園児にも親しみやすい絵
  (7)様々なシーン別  (8)繰り返し学べる  (9)大人も学ぶことができる

「ぼうさいまちがいさがし きけんはっけん!」教材のダウンロードはこちら

青少年赤十字防災教育プログラムの開催を希望される場合

学校、幼稚園等で開催を希望される場合は、下記の実施要項をご覧の上、申し込み用紙を当支部までFAXして下さい。

■実施要項<令和3年度>  ■申し込み用紙



▶ 防災教育プログラムのさらに詳しい内容はこちらをご覧ください。