講習会について

日本赤十字社は、「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守る」という使命に基づき、各種講習を行っています。

講習会一覧

  • 救急法

    日常生活における事故防止や手当ての基本、胸骨圧迫や人工呼吸の方法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

  • 水上安全法

    水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。

  • 幼児安全法

    子どもを大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術を習得できます。

  • 健康生活支援講習

    誰もが迎える高齢期を、健やかに生きるために必要な健康増進の知識や高齢者の支援・自立に向け役立つ介護技術を習得できます。

  • 雪上安全法

    雪の楽しさを知るとともに、スキー場などでの事故防止や、けが人の救助、応急手当の知識と技術を習得できます。

    ※当支部では実施しておりません。詳しくは日本赤十字社本社サイトをご覧ください。

  • 防災セミナー

    「赤十字防災セミナー」は、地域の人々の防災・減災に関する知識・意識・技術の向上、万が一災害が発生した場合、応急対応にあたるリーダー層の育成を図ることを目的に開催しています。

  • 防災ボランティア養成研修

    赤十字防災ボランティアは、当支部が行う災害救護活動(救援物資の運搬、炊き出し、情報収集など)や防災・減災活動への協力をしていただくボランティアです。
    研修会を受講していただいた上で、登録(任意)をお願いしております。

  • 現在実施をしていない講習もあります。

皆さまからいただいたご寄付は、講習会にも使われています。

認定証を紛失してしまった方へ

認定証を取得した支部で、有効期間内であれば再発行をすることができます。
認定証再発行申請書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、以下のものを同封して事務局あてにご送付ください。
再発行した認定証を返送いたします。

同封物

  • 再発行申請書.pdf
  • 返信用封筒(返信用宛先を記入し、84円切手を貼付すること。)
    ※定形外郵便となる封筒を返信用封筒とする場合は120円切手を貼付してください。

送付先

〒320-8508
栃木県宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ内
日本赤十字社栃木県支部 事業推進課 健康安全係 宛

講習指導員になりたい方へ

指導員として活動するには、日本赤十字社が開催する「指導員養成講習会」を受講し、検定に合格してボランティア登録をおこないます。

受講されるにあたって

各講習会で必要となる受講条件とは別に、以下の2点が全ての講習に共通して必要な受講条件となります。

  • 赤十字事業に対し理解があり、資格取得後は長期間にわたりボランティア指導員として講習普及に積極的に参加できる方
  • 事前研修会、養成講習、新任指導員研修会)に出席できる方