佐賀県支部について

(写真は、佐賀県支部入り口前にある佐野常民胸像です。)

日本赤十字社佐賀県支部は、全国47都道府県にある日本赤十字社の支部のひとつとして、1889年に佐賀県委員部として誕生しました。 1952年に佐賀県支部と改称。「人道」を理念に国際救援・開発協力、災害救護、安全講習会普及、ボランティア活動、青少年赤十字活動、国際人道法普及など、さまざまな活動を行っています。

これらの活動は、県民の皆様からお寄せいただいた活動資金や寄付を財源として行われています。

また、県内には唐津赤十字病院、佐賀県赤十字血液センターがあり、同じく「人道」を理念に医療事業、血液事業を行っています。更に、佐賀県内全ての地域の人々に赤十字の活動が届くよう、県内各市町村には、赤十字事業の推進を担う事務局(地区・分区)が設置されています。

寄付者の方々、ボランティアの方々をはじめ、多くの皆さまのご協力により、佐賀県県支部の活動は支えられています。

地区・分区

地区・分区名 担当部署 電話番号 住所
佐賀市地区 佐賀市社会福祉協議会 0952-32-6670

〒849-0919               佐賀市兵庫北三丁目8-36         (佐賀市社会福祉協議会内) 

唐津市地区 唐津市社会福祉協議会 0955-70-2334 〒847-0861               唐津市二タ子三丁目155-4          (高齢者ふれあい会館りふれ内)
鳥栖市 鳥栖市社会福祉協議会 0942-85-3555 〒841-0051               鳥栖市元町1228-1(鳥栖市社会福祉会館内)
多久市 多久市社会福祉協議会 0952-75-3593 〒846-0002               多久市北多久町大字小侍45-31       (多久市社会福祉協議会内)
伊万里市 伊万里市社会福祉協議会 0955-22-3931 〒848-0045               伊万里市松島町391-1(伊万里市民センター1F)
武雄市 武雄市社会福祉協議会 0954-26-8013 〒843-0023 武雄市武雄町大字昭和846
鹿島市 鹿島市社会福祉協議会 0954-62-2447 〒849-1311 鹿島市大字高津原4326-1   (かしま市民交流プラザ「かたらい」内)
小城市 小城市社会福祉協議会 0952-73-2700 〒845-0002               小城市小城町畑田750            (小城保健福祉センター「桜楽館」内)
嬉野市 嬉野市社会福祉協議会 塩田本所 0954-66-9131 〒849-1411 嬉野市塩田町馬場下甲1967
神埼市 神埼市役所 福祉課 0952-37-0110 〒842-8601               神埼市神埼町鶴3542-1(神埼市役所福祉課)
吉野ヶ里町

吉野ヶ里町役場     東脊振庁舎      福祉課福祉係

0952-37-0343 〒842-0193               神埼郡吉野ヶ里町三津777         吉野ヶ里町役場東背振庁舎
基山町 基山町社会福祉協議会 0942-92-3311 〒841-0204 三養基郡基山町大字宮浦1006-1
みやき町 みやき町社会福祉協議会 0942-81-6004

〒849-0114 みやき町大字中津隈1988 (みやき町ボランティアセンター内)

上峰町 上峰町社会福祉協議会 0952-52-4930 〒849-0122                三養基郡上峰町大字前牟田107-2      (上峰町老人福祉センターおたっしゃ館内)
玄海町 玄海町社会福祉協議会 0955-51-3073 〒847-1435               東松浦郡玄海町大字仮屋398-15      (仮屋コミュニティセンター1F)
有田町 有田町社会福祉協議会 0955-41-1315 〒844-0027 西松浦郡有田町南原甲664-4
大町町 大町町社会福祉協議会 0952-71-3001 〒849-2101               杵島郡大町町大字大町5000         (大町町総合福祉保健センター美郷内)
江北町 江北町社会福祉協議会 0952-86-4317 〒849-0501               杵島郡江北町大字山口2637-7       (老人福祉センター内)
白石町 白石町社会福祉協議会 0954-65-8960 〒849-1204               杵島郡白石町大字坂田253−1      (白石町交流館内)
太良町 太良町社会福祉協議会 0954-67-0410 〒849-1602               藤津郡太良町大字多良1-17         (太良町総合福祉保健センターしおさい館内)

支部長あいさつ

「人を救うのは人」。 ~佐野常民伯の誇りを胸に。~
                                     佐賀県支部長 山口祥義

画像

県民の皆さま及び会員の皆さま、並びに赤十字奉仕団の皆さまには、日頃から赤十字事業の推進につきまして格別のご支援、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
はじめに、令和3年8月大雨災害により被災された皆さまに心からお見舞い申し上げますとともに、日本赤十字社も共に前を向き、保健・医療支援や義援金募集など、少しでも復興の一助となる活動を続けてまいりたいと存じます。
また、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、佐賀県支部、佐賀県赤十字血液センター、唐津赤十字病院は、「人間のいのちと健康、尊厳を守る。」という使命のもと、それぞれの施設に期待される業務をしっかりと果たしてまいります。
特に佐賀県支部におきましては、近年、頻発化、激甚化する自然災害に対する救護能力の向上や救護体制の強化に努めるとともに、防災・減災の意識啓発、救急法等の普及、青少年赤十字(JRC)の育成など、地域に根ざした事業を展開してまいります。
こうした活動ができますのも、ひとえに、県民の皆さまや法人の皆さまから活動資金へのご協力があればこそでございます。多くの皆さまのお力添えに改めて深く感謝申し上げます。
思えば、日本赤十字社の初代社長にして、その前身である博愛社を創設した佐賀藩出身の佐野常民伯が誕生されてから、来年(2022年)で二百年を迎えます。いわば佐賀県支部は、赤十字の原点だと思っています。
これからも、佐野常民伯の誇りを胸に、「人を救うのは人。」との強い思いで活動してまいりますので、引き続きご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和3年8月

現勢・組織図

佐賀県支部の現勢