講習会を依頼したい

地域や企業・学校・団体等からのご要望に応じて各講習の指導員を派遣しております。

新型コロナウイルス感染拡大における対応について

 日本赤十字社大分県支部では、各種短期講習については、別紙「安全に講習会を行うために 主催者様へのお願い」を徹底した上で、実施しております。
 講習会を依頼される団体(施設)の担当者様には、別紙「安全に講習会を行うために 主催者様へのお願い」を必ずご確認の上、お申込みいただきます
 ようお願いいたします。

 赤十字講習会は、安全第一を基本に実施してまいりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

1.講習の種類

救急法・水上安全法・健康生活支援講習・幼児安全法

※それぞれ養成講習、短期講習があります。
※救急法には基礎講習があります。

2.受講人数等

(1)講習内容並びに講習人員・時間等
   各講習要項をご参照のうえ、講習担当者へご相談ください。

(2)受講資格
   短期講習は特にありません。(養成講習、救急法基礎講習は年齢制限があります。)
   貴団体(施設)以外に家族や地域の方が受講されても構いません。

(3)経費負担
   指導員派遣に対する謝金や交通費を負担いただける場合には、「有り」もしくは金額をご記入ください。
   (短期講習は指導員1名につき、3,000円以上。基礎・養成講習は指導員1名につき5,000円以上)
   ※法人会員、奉仕団等赤十字活動団体、青少年赤十字加盟校等、免除できる場合もありますので、ご不明な場合にはお問い合わせ下さい。

3.申し込み手順

申し込みは、以下の手順に従って行ってください。

(1)開催日の調整
   開催希望日の約1か月半以上前に日本赤十字社大分県支部の担当にご連絡ください。
 
(2)文書での依頼
   日程調整が終了したら、別紙様式に必要事項を記入して日本赤十字社大分県支部にお申し込みください。

(3)文書の到着
   指導員派遣の関係から依頼文書は、講習開催日の遅くとも1ヶ月前までには日本赤十字社大分県支部に到着するよう
   FAXまたは郵送にてお送りください。
   締め切りを過ぎた場合は講習会を開催できないことがありますのでご了承ください。

(4)講習の打ち合わせ
   開催日の一週間前までに、最終的な参加人数等の連絡をお願いします。

4.貴団体(施設)で準備するもの

会    場 会議室や体育館、和室でも構いません。学科と実技を行いますので机をご利用の場合は学校形式にして、後ろか前を実技用に空けて下さい。
ホワイトボード 黒板可
指導員が講義を行うときに使います。
ブルーシート等 実技の時、受講者が直接床の上に横になったり、心肺蘇生用人形を置いたりします。会場が土足の場合はブルーシート等を敷いてください。
ゴミ袋(ゴミ箱) 心肺蘇生の講習時に使用した綿花を捨てるのに使用します。
毛    布 救急法等で使用する場合、3~4枚ご用意ください。
マ  イ  ク 会場が広い場合や受講者が多い場合は準備願います。
ベ  ッ  ド

健康生活支援講習の実技で使用します。

 ※上記必要物品が準備できない場合はご相談ください。

5.その他・教材費など

心肺蘇生を実施する場合は、一方向弁付き呼気吹き込み用具費用(1個157円)が必要です。
また、乳幼児の心肺蘇生を実施する場合はフェイスシールド(1枚 100円)が必要です。
短期講習では小冊子代(1冊53円)を使用することもあります。

お問い合わせ・申込先

〒870-0033 大分市千代町2丁目3番31号
日本赤十字社大分県支部 事業推進課
TEL:097-534-2236 FAX:097-533-6795
平日 9:00~17:00