幼児安全法

子どもを大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当などの知識と技術を習得できます。

支援員養成講習

 本講習は、子どもに起こりやすい事故に対する手当の方法と事故防止および家庭内での看病の方法など、日常生活の中で役立つ知識と技術を習得するためのプログラムです。  検定合格者には「赤十字幼児安全法支援員」の認定証を付与します。

受講資格 満15歳以上の方
※妊婦の方は実技を伴いますので、胎児への影響を考えて医師にご相談の上ご参加ください。
講習時間 13時間(2日間) ※検定時間含む
講習内容 ・赤十字幼児安全法について
・子どもの成長発達と事故予防
・子どもの応急手当
・子どもの病気と看病のしかた
・地域の子育て支援
・乳幼児の一次救命処置(心肺蘇生・AED)
習得資格 【全課程修了者】
 受講証 「赤十字幼児安全法支援員養成講習」
【検定合格者】
 認定証 「赤十字幼児安全法支援員」
準備品 筆記用具、動きやすい服装、大判ハンカチ(50cm×50cmくらい)、昼食
受講費 1,900円 ※初日の受付時に徴収します。

申込方法と受講までの流れについて

 講習開催日程表の申し込みボタンから申し込みフォームを開き、必要事項をご入力して送信、または電話・FAXでお申し込みください。
 講習の約1週間前に受講案内をお届けします。

講習開催日程表

現在の開催予定の講習はありません。

お問い合わせ・申込先

日本赤十字社山形県支部  事業推進課
TEL:023-641-1353 FAX:023-641-8861
平日 9:00~17:00