ウクライナ人道危機救援金

ウクライナ各地で激化している戦闘により、多くの市民が緊張と不安の中で過ごしています。すでに子どもを含む市民の死傷者が報告され、市民生活に不可欠なインフラにも被害が出ています。また、紛争の被害を恐れ、多くの人びとが、周辺国(ポーランド、ルーマニア、スロヴァキア等)に避難しています。

この状況を受け、日本赤十字社は、赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟、各国赤十字社が実施するウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国とその他の国々における救援活動を支援するため、海外救援金を募集しており、皆様から温かいご支援をいただいております。

新潟県支部にも、法人・個人の皆様から温かいお気持ちが届けられています。

新潟県支部受付金額(2022年7月31日時点)
  3,515万5,216円(305
件)

※日本赤十字社の受付状況につきましては、こちらよりご確認いただけます。

引き続き皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

なお、これまでに行った贈呈式を紹介します。

IMG_5851.JPG IMG_5871.JPG
㈱ウオロクホールディングス様から500万円を贈呈いただきました(4/26) 村上市民の皆様から寄せられた募金85万1千円を村上市長様から贈呈いただきました(4/26)

ウクライナ人道危機における赤十字の対応についてはこちら