企業・法人によるご協力

皆さまのご支援を見える形にしませんか?

日本赤十字社愛知県支部は、さまざまな分野で事業を展開する企業・団体の皆様とのコラボレーションによって、社会に役立ち、互いの事業発展にもつながる関係を作りたいと考えています。

パートナーシップのスタイルは、貴社の社会貢献のご意向や業種・商品・サービスに合ったプログラムからお選びいただけます。企業のブランディングや他社との差別化につながる様々なスキームをご用意しております。
また、赤十字のロゴマーク(赤十字支援マーク)を活用することも可能です。

なお、日本赤十字社へのご寄付に対しては、税制優遇措置が受けられるほか、日本赤十字社と国からの表彰制度がございます。

コラボレーションの具体例

赤十字活動資金のご協力

  • 周年事業や創立記念日の記念事業として
  • お客様が集めたレシートの購入額の一部を、企業として
  • 職員、従業員の方の福利厚生ポイントなどの残額を活用して

赤十字活動のための募金の協力

  • 株主優待/ポイント会員対象の商品交換プログラムの一部にご寄付の選択肢を追加
  • 業界団体内などで活動資金の協力依頼を実施
  • 職員、従業員が「海外たすけあいキャンペーン」の際に街頭募金を実施

イベントや商品・サービスを通じた募金

  • チャリティーイベントの入場料の一部を寄付
  • 特定商品の売り上げの一部を寄付

赤十字活動の普及

  • 赤十字の活動CMを自社大型ビジョン等で放映
  • 自社建物に赤十字のポスターやのぼり懸垂幕を掲示
  • 自社用に契約した広告枠で赤十字の活動を紹介

寄付付き自動販売機

画像

売上の一部が赤十字への寄付となる社会貢献型寄付付き自販機設置を推進しています。設置者様と購入者様の両者にとって、手軽に社会貢献に参加いただくことができます。

寄付付き自販機のご案内

事例のご紹介

株式会社 名古屋グランパスエイト

画像

チャリティーオークションや赤十字とのコラボグッズ等の売上金の一部を赤十字の活動資金として寄付。また、試合の際にチャリティシートを設け、売上金の一部を寄付する取り組みも行っています。

名古屋オーシャンズ株式会社

画像

ユニホームのスポンサー枠を無償提供し、赤十字支援マークを掲載。また、選手が着用したユニフォームのチャリティオークションを行い、売上金の一部を寄付する取り組みも行っています。

朝日新聞 名古屋本社

画像

青少年赤十字に加盟している小学校の生徒数名が、災害の被災地などで子ども記者として現地の様子や被災者の暮らしを取材。その記事を「子ども新聞」として発行し、防災教育教材として活用できるよう県内の小学校などに配布しています。

赤十字支援マークの表示

赤十字支援マークは、日本赤十字社の理念と事業に賛同し、活動や資金に協力していただける企業・団体様が広告や商品などに添付いただける赤十字マークです。

お問い合わせはこちら

総務企画部  赤十字会員課
TEL:052-971-1596 FAX:052-971-1590
平日 9:00~17:30