救急法

基礎講習では、手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動などを習得できます。
救急員養成講習では、日常生活における事故防止や止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

講習コース

救急員養成講習

日常生活における事故防止や止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

受講資格 救急法基礎講習修了者
受講人員 30人を標準とします
講習時間 10時間(標準の講習時間であり、休憩時間等が加わります)
講習内容 急病の手当、けがの手当(止血、包帯、固定)、搬送および救護
指導者 救急法指導員
交付される証 全課程修了者に受講証
検定合格者に赤十字救急法救急員(赤十字ファーストエイドプロバイダー)認定証
受講費 1800円(教材費、保険料等の実費)

講習開催日程表

コース名 開催日程 時間 会場 受付期間 定員数 申し込み
FA養成⑤ 2022/2/6(日)・2/11(祝・金)・2/13(日) 9:00~17:00 宮崎日赤会館 2022/1/16(日) 20名 受付前
FA養成⑥ 2022/2/6(日)・2/13(日)・2/27(日) 9:00~17:00 日南市社会福祉協議会 2022/1/16(日) 20名 受付前
養成講習の開催(講師派遣)依頼は下のボタンのフォームからどうぞ

基礎講習

基礎講習では、手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動などを習得できます。

受講資格 満15歳以上の者
受講人数 30人を標準とします
講習時間 4時間(標準の講習時間であり、休憩時間等が加わります)
講習内容 傷病者の観察の仕方および一次救命処置(心肺蘇生、AEDを用いた除細動、気道異物除去)等救急法の基礎
指導者 救急法指導員、水上安全法指導員、雪上安全法指導員、幼児安全法指導員
交付される証 全課程修了者に受講証
検定合格者に赤十字ベーシックライフサポーター認定証
受講費 1500円(教材費、保険料等の実費)

講習開催日程表

現在の開催予定の講習はありません。

基礎講習の開催(講師派遣)依頼は下のボタンのフォームからどうぞ

短期講習

救急員養成講習、基礎講習の中から項目を絞って短時間で実施する講習です。下記の4種類の内容について学習できます。

受講資格 どなたでも(年齢制限等なし)
講習時間 60~90分
その他

講師派遣料(¥3,000/講師1人)が必要です。

コース名 タイトル 内容
短期講習① 一次救命処置 ・観察(手当の基本)
・胸骨圧迫と人工呼吸
・AEDを用いた除細動
・気道異物除去
短期講習② きずの手当 ・観察(手当の基本)
・きずの種類と危険性
・止血
・保護ガーゼの目的
・三角巾の使用法
・応用包帯
短期講習③ 骨折の手当 ・観察(手当の基本)
・三角巾の使用法
・骨折
・脱臼
・捻挫
短期講習④ 急病の手当 ・観察(手当の基本)
・体位
・心臓発作
・脳卒中
・呼吸困難
・熱中症
・アナフィラキシー など
短期講習の開催(講師派遣)依頼は下のボタンのフォームからどうぞ

オンライン講習

下記の内容についてオンラインで学習できます。

受講資格 どなたでも(年齢制限等なし)
講習時間 60分
その他

Zoom(Zoomビデオコミュニケーションズ)を使用します。

  • 通信料はお客様負担です。通信が発生しますのでパケット通信料がかかります。
  • 事前にパケット無制限プランにご加入いただくか、Wi-Fi環境下でのご利用をお勧めしています。
  • お申込みの際入力頂いたメールアドレス宛に、Zoom会議の招待URLを送信します。
    *ドメイン(@miyazaki.jrc.or.jp)が受信できるように設定をお願いします。
  • Zoom会議へは講習会開始30分前から入室可能です。5分前までには入室を完了させてください。
  • 講習内容の撮影、録画、録音はご遠慮ください。
  • 講習会の進行を故意に妨げる行為が確認された場合や、その他不適切と判断した場合は強制的に通信を遮断することがあります。
コース名 タイトル 内容
オンライン講習① 一次救命処置 ・観察(手当の基本)
・胸骨圧迫と人工呼吸
・AEDを用いた除細動
・気道異物除去

講習開催日程表

現在の開催予定の講習はありません。

お問い合わせ・申込先

日本赤十字社宮崎県支部 事業推進課 講習担当
TEL:0985-22-4045 FAX:0985-22-4178
平日 9:00~17:30