国内災害義援金・海外救援金について

赤十字活動資金義援金の違いについて

赤十字活動資金

皆さまのご寄付で、日本赤十字社が自らの活動によりさまざまな方々を支援します。

義援金

被災された方々へ、公平に現金で支援を行います。

赤十字活動資金と義援金の特徴比較
赤十字活動資金日本赤十字社が行う活動で支援 義援金被災された方々へ現金で支援
被災された方を
迅速に支援する
被災された方のニーズに対して即時にさまざまな支援を行います。災害時の緊急支援のみならず、災害に備えるための訓練や、復興支援などにも取り組みます。
時間
正確な情報を
得てから支援する
被災された方の数などの情報を正確に把握した後、自治体から配分されます。
現地での活動に使われる
医療救護やこころのケアなど、被災された方々への支援を行います。
平時はAED 講習や防災教育などさまざまな普及・教育活動を全国で行います。
使い道
現金で配分される
被災された方の当面の生活を支援するために、現金で直接配分されます。
最も救いを
求めている方から支援
ニーズと緊急度の高い方から支援します。
対象者
被災された方に
一定の基準で配分
被災された方の被害状況に応じて自治体の基準で配分されます。

義援金に寄付

令和2年7月3日からの大雨により、九州南部地方を中心に甚大な被害が生じました。
この災害で被災された方々を支援するため、日本赤十字社は下記のとおり
義援金(義援金名称「令和2年7月豪雨災害義援金」)を受け付けます。
皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

お寄せいただいた義援金は、全額被災地へお届けします。
受付期間:令和2年7月7日(火)から令和4年3月31日(木)

お振込み

熊本県支部へのお振込み先はこちらになります。

名称 支店名 口座番号 口座名称/口座名義
肥後銀行 三郎支店 普通  621987 日本赤十字社熊本県支部 支部長 蒲島 郁夫
熊本銀行 日赤通支店 普通 3126182 日本赤十字社熊本県支部 支部長 蒲島 郁夫

現金での取り扱い

日本赤十字社熊本県支部で受け付けております。
平日9:00~17:00にご来所ください。